がんとつきあう/便秘医師に伝える症状のポイント

多くのがん患者さんが排便異常を訴えます。便秘の場合、医師は下剤を処方して便秘を改善するなどの対処を行います。そのためには、患者さん自身が便の硬さ、色、形状など、便の状態や症状をできるだけ正確に医師に伝える必要があります。その際のポイントを以下にまとめました。

便の硬さ、形状

排便があったら、必ず便の硬さをチェックしてください。便の硬さを表現するには「ブリストル便形状スケール」が便利です。これによると便秘(硬い便)はタイプ1または2に当てはまります。もちろん、スケールに当てはめず、簡単に「硬・普・軟・下痢」と述べるだけでも伝わります。


大きいサイズで見る

便の異常

便の硬さや形状以外に、以下のような異常がないか注意しましょう。

  • 便に血や粘液が混ざり、黒ずんだ便、赤っぽい便、灰白色の便が出る
  • 形の整った便が出ない、または便が細くなった
  • これまで便秘をしたことがないのに便秘をするようになった
  • 何をやっても便秘が改善しない
  • 肛門に強い痛みがあり便が出ない

血便は痔による出血と勘違いしやすいため、注意が必要です。痔による出血は赤い鮮血ですが、がんによる血便の場合は暗赤色の血液が便に混じったり、黒い血の塊が出たりします。

その他の症状

便の異常以外に、便秘が原因で以下のような症状が現れる場合があります。

  • 腹痛、膨満感、食欲不振、吐き気などの腹部の異常
  • 肌荒れ、ニキビ、シミなどの肌の異常
  • 頭痛、めまい、肩こりなどの頭部の異常
  • 腰痛
  • くさいオナラがやたら出る、口臭がくさい
  • 生活習慣を変えていないのに太ってきた
  • おなかにしこりがある
  • 発熱
  • 過度のストレスを感じる

特に、肛門から離れた部位にがんがある場合は、血便ではなく貧血や腹痛、腹部のしこりなどの症状が現れることが多いです。

上記の中で気になる症状があれば、遠慮せず医師に伝えましょう。

【監修】聖路加国際病院 緩和ケア病棟 ブレストセンター オンコロジーセンター ナースマネージャー 玉橋容子氏

ページの先頭へ戻る