がんとつきあうがん疲労の原因

がん関連疲労が発症する明確なメカニズムはよくわかっていませんが、直接的ながん治療やがんに関連する治療薬、がんに関連するストレスが多くのエネルギーを消耗し倦怠感・疲労感へとつながっていくと考えられています。

さらにがん細胞からの産生される物質や貧血や栄養障害などが相互に影響しながら発現すると考えられています。

がん治療

化学療法、放射線治療、免疫療法、手術、骨髄移植などの、一部のがん治療は疲労の原因になると考えられています。放射線治療や化学療法の場合、がん細胞と一緒に健康な細胞も破壊されることがあり、身体がそれを修復しようとする反応が疲労となってあらわれます。この疲労に加えて、吐き気や痛み、睡眠障害、貧血などの副作用の症状も伴うため、患者さんの心身により負担がかかってしまうのです。

病気(がん)

がん自体が身体の変化を引き起こし、それが極度の疲労感となります。たとえば、身体が必要とするエネルギー量を減らし、筋肉を弱らせたり、ホルモンに影響を与えたり、疲労に関与するたんぱく質(炎症性サイトカイン)を放出する事が患者さんの疲労を引き起こす要因となるのです。

痛みやうつ症状、不眠等の治療に使用する薬の一部に患者さんの疲労を増大させることがあります。

痛み

慢性的な痛みは日常の生活行動を低下させ食欲不振や不眠、うつなどの症状を引き起こすことがあり疲労感の原因となります。

貧血

がんやがんの治療によって起こる貧血と下血などの別の理由で起きる貧血があり、疲労感を引き起こす要因となります。

睡眠障害

多くのがん患者さんには、不眠、睡眠時無呼吸をはじめ、抑うつやホルモン変動、むずむず脚症候群による睡眠パターンの乱れなど、さまざまな睡眠障害がみられます。これらの睡眠障害によって眠りが妨げられると、ほとんどの場合に疲労が生じます。また、過剰な睡眠はかえって疲労を悪化させるということにも注意しないといけません。

栄養不足

身体に必要なエネルギーが不足すると疲労感が増加します。たとえば、たんぱく質、脂質、糖の代謝が妨げられることや吐き気、腸閉塞などで食事がとれなくなることからエネルギーの不足が起きます。

また、腫瘍の成長、発熱、呼吸困難などの症状からエネルギーが奪われます。食事がとれる人はカロリーの高い食品とナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの電解質を含む食品の摂取が疲労回復につながります。栄養補助食品等が市販されているので工夫して食事を楽しむのがいいでしょう。食欲不振や治療の副作用によって十分な栄養補給や水分補給が難しいときには、医師や管理栄養士などの専門家に相談しましょう。

運動不足と不眠

がんの治療中は、日々の運動がつい怠りがちになります。また、夜間の不眠から日中の過眠による活動不足が疲労感としてあらわれます。少なくとも週に3~5時間の適度な運動を行なうことが推奨されています。個々の患者さんの症状や年齢、性別、体力などに応じて運動プログラムを個別に作成する必要があります。かならず理学療法士などの専門家に相談しましょう。

心的ストレス

精神的な苦痛ががんの関連疲労に大きく影響を及ぼすことがわかっています。たしかに、がんになると心的ストレスが強くかかりますが、このストレスにどう対処するかで疲労の度合いが変わるのです。不安と抑うつは、いずれもがん治療中の疲労に関係していることが多い症状ですが、効果的な気分転換の方法を身につければ、活力温存に役立つ上、ストレスによる疲労を解消できることもあります。

【監修】聖路加国際病院 緩和ケア病棟 ブレストセンター オンコロジーセンター ナースマネージャー 玉橋容子氏

ページの先頭へ戻る