がんとつきあう/高血圧高血圧による影響

高血圧を放置するとどうなるか

高血圧の初期の自覚症状はほとんどありませんが、だからといって高血圧を治療せずに放置したままにしておくと、高い圧力にさらされた血管が次第に傷み、弾力を失って硬くなります。これを「動脈硬化」といいます。

動脈硬化になると、血液の流れが悪くなって血管が詰まったり、血管が破裂して出血したりします。脳や心臓の血管がこのような状態になると、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞など、命にかかわる病気を引き起こす可能性が高くなります。また、腎臓にも悪影響を与えます。ですから、決して高血圧を放置せず、治療を受けましょう。

心臓への影響

  • 心肥大、心不全

高血圧になると、心臓は強い力で血液を送り出さなければならなくなるので、心臓の壁が次第に厚くなります。これを「心肥大」といいます。心肥大になると、次第に心臓の機能が低下し、血液をうまく送り出せなくなります。この状態を「心不全」といいます。心不全になると、体がむくんだり、体重が増えたり、少し動いただけで息切れがしたりします。心不全がひどくなると、ちょっとした動きでも呼吸がひどく苦しくなり、入院治療が必要となります。

  • 狭心症

心臓は絶えず動いていますが、その心臓を動かす筋肉(心筋)に酸素や栄養を送っている血管があります。これを「冠動脈」といいます。高血圧により、冠動脈が動脈硬化をおこし、血管の中が細くなると、心臓に十分な血液を送り込むことができなくなります。この状態を「狭心症」といいます。狭心症の発作時は運動や精神的ストレスで誘発され、胸が締め付けられるような激しい痛みが起きます。安静時にも冠動脈がケイレンを起こして発作が生じることがあります。

  • 心筋梗塞

冠動脈が完全に詰まってしまい、血液が流れなくなった結果、心筋の一部が死んでしまった状態を「心筋梗塞」といいます。心筋梗塞の発作時には、激しい胸の痛みが続き、呼吸困難などが起き、死亡する場合もあります。

脳への影響

  • 脳出血

脳の血管が動脈硬化をおこし、もろくなって破裂し、出血するのが「脳出血」です。脳出血はある日突然起こることが多く、予測が不可能です。脳出血の症状は、脳のどの場所で出血したかによって様々で、激しい頭痛、しびれ、嘔吐、半身のマヒ、意識障害など多岐に及び、死亡する場合もあります。

  • 脳梗塞

脳の血管が動脈硬化を起こし、血管が詰まり、血液が流れなくなった結果、脳の一部に酸素や栄養が行きとどかないため、脳細胞が死んでしまい、脳に重い障害を引き起こすのが「脳梗塞」です。脳梗塞の症状も、脳のどの場所で血管が目詰まりを起こしたかによって様々で、手足を動かしにくい、しゃべりにくい、しびれ、目の見え方がおかしいなど、多岐にわたります。また、死亡する場合もありますし、後遺症が残ることもあります。

腎臓への影響

  • 腎硬化症

腎臓は、血液の中から老廃物や水分などをろ過し、尿を作って体の外に排出するという働きをしています。高血圧が続くと、腎臓の中にある豊富な血管が動脈硬化をおこし、ろ過する機能が低下します。これが腎硬化症です。腎硬化症が進むと腎不全になります。

  • 腎不全

腎臓の機能が極度に低下し、老廃物や水分をうまく排出できなくなる状態です。ひどくなると透析や腎移植が必要となります。

【監修】徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 循環器内科学 教授 佐田 正隆先生

ページの先頭へ戻る