がんとつきあう/リンパ浮腫リンパ浮腫ふしゅ(むくみ)の症状と原因

リンパ浮腫の症状

リンパ節郭清(切除)を伴う手術療法や放射線治療によって引き起こされるリンパ浮腫は、リンパ液の流れが滞ることにより、浮腫をはじめ、下記のような症状が現れます。

痛みを伴わず、初期には自覚症状がほとんどありません。重症化させないためには、できるだけ早い段階で症状に気付くことが重要です。

リンパ浮腫の主な症状

  • 腕や脚がむくむ
  • 腕や脚が重く、だるさを感じる
  • 腕や脚を動かしづらい
  • 疲れやすい
  • 皮膚をつまんだ際にしわが寄りづらくなる
  • 指で押すと、戻りが悪く、痕が付く
  • 腕や脚の静脈が左右異なって見える
    あるいは、これまで見えていた静脈が見えづらくなる

重症化すると現れる主な症状

  • 浮腫が悪化する
  • 皮膚が硬くなり、浮腫がひきづらくなる
  • 乾燥しやすくなる
  • 腕や脚を動かすと違和感を感じる

リンパ浮腫では、基本的に痛みを感じないとされていますが、悪化すると痛みを生じることもあります。また、細菌感染によって、蜂窩織炎ほうかしきえんと呼ばれる合併症を発症することもあります。

リンパ浮腫を生じやすいのは、乳がん、子宮がん、卵巣がん、前立腺がん、皮膚がんなどの治療後です。症状が見られるのは、一般的に、乳がんではわきの下から腕にかけて、婦人科がんや泌尿器科がんでは下腹部、陰部、脚の付け根(内もも)あたりです。

初期の段階では、リンパ節切除を行った場所に近い腕や太ももの付け根に症状が見られ、次第に手先、足先に浮腫が見られるようになっていきます。

リンパ浮腫の病期分類

0 期 リンパ液の流れには滞りが見られるようになっているが、明らかな浮腫は見られず、症状としては現れていない。
Ⅰ期 まだ初期段階であり、四肢を心臓より高い位置に上げることで治まる。指で押すと痕が残ることもある。
Ⅱ期 四肢を心臓より高い位置に上げるだけでは浮腫が改善しなくなる。指で押すとはっきり痕が付くようになる。
Ⅱ期後期 タンパク質や脂肪などの組織の線維化が見られ、皮膚が硬くなる。指で押しても痕が付かなくなる。
Ⅲ期 浮腫が悪化し、パンパンに肥大化する。皮膚の硬直化が進み、指で押しても痕が付かない。リンパ液うっ滞性象皮病のほか、アカントーシス(表皮肥厚)、脂肪沈着などの皮膚変化を伴うことがある。

【参考文献】「リンパ浮腫診療ガイドライン 2014年版 第2版」
日本リンパ浮腫研究会編 2014年 金原出版

感染―蜂窩織炎ほうかしきえん(リンパ浮腫に伴う合併症)

リンパ節郭清(切除)を伴う手術や放射線治療によって引き起こされるリンパ浮腫は、蜂窩織炎と呼ばれる合併症を引き起こすことがあります。

蜂窩織炎は、ちょっとした傷や虫刺されなどから細菌が侵入・感染して炎症が起き、その炎症が腕や脚全体に広がってしまう状態です。そのため、傷をつくらない、虫に刺されないようにすることが大切です。

蜂窩織炎を発症すると、次のような症状が現れます。

  • 赤い斑点
  • 皮膚の赤み
  • 痛み
  • 熱感
  • 38℃以上の高熱が出ることもある

蜂窩織炎を発症したら、まずは安静にし、身体を冷やしましょう。また、リンパドレナージ、圧迫療法、運動などの治療は一時休止します。治療には、抗生剤が用いられることもあります。異変を感じたら、すぐに医療スタッフに相談しましょう。

リンパ浮腫のチェック法

リンパ浮腫は、早期に気が付き、早めのケアを行うことが肝心です。次のチェックリストに当てはまる症状が見られる場合は、医療スタッフに相談しましょう。

リンパ浮腫のチェック法
  • 腕や脚が重くだるい
  • 皮膚をつまんだ際にしわが寄りづらい
  • 指で押すと痕が付く
  • 左右の腕や脚の太さが違う
  • 腕や脚の静脈が左右で違って見える
    あるいは、これまで見えていた静脈が見えづらくなる
  • 皮膚が硬い
  • 皮膚が乾燥しやすい
  • 腕や脚を動かしづらい

手術前に左右の手足の太さを測っておくと、手術後に比較ができます。より正確に診断するために、同じ時間に同じ部位を測ります。手のひら・手首・ひじ上5cm、ひじ下10cm、ひざ上5cm、ひざ下10cm、足の甲、足首の周囲の長さを測るとよいでしょう。

リンパ浮腫の原因

リンパ浮腫は、リンパ節郭清(切除)を伴う手術療法や放射線治療による副作用のひとつで、リンパ管を流れるリンパ液の流れが滞ることで生じる浮腫のことです。

リンパ管とは、動脈や静脈と同じように身体中に張り巡らされた管のことで、リンパ管の中にはタンパク質や白血球を運ぶ役割を担うリンパ液が流れています。リンパ管を流れてきたリンパ液は、わきの下や脚の付け根などにあるリンパ節に流れ込んでいます。がん治療により、リンパ管が損傷したり、細くなったりして、リンパ管の中を流れるリンパ液の流れが滞ると、リンパ管に戻れずに停滞したリンパ液が皮下に溜まり、浮腫へとつながります。

リンパ浮腫は、治療後すぐに見られることもあれば、10年以上経過してから見られることもあり、発症する時期には個人差が大きいのも特徴です。気になる症状や異変を感じたら、医療スタッフに伝えましょう。

【監修】埼玉医科大学国際医療センター 乳腺腫瘍科 教授 佐伯俊昭 先生

ページの先頭へ戻る