がんとつきあう口腔内に不快感があるときの食事の仕方

口内炎などで口腔に不快感がある場合には、食事の仕方にも注意が必要です。以下のアドバイスを参考にするとよいでしょう。

避けたほうがよい食べ物

  • 熱いもの、硬いもの、塩味や酸味の強いもの、香辛料の強い食べ物は、口内炎の症状を悪化させる場合があります。なるべく室温で食べ、刺激の少ない食べ物を選びましょう。

積極的に摂取したほうがよい食べ物

  • 軟らかい食べ物や液体など、喉を通りやすい物を食べることを心掛けてください。
  • 冷めた食べ物や冷たい食べ物には、痛みをやわらげる作用があるかもしれません。もっともおすすめなのは、氷です。氷は、痛みを緩和し、治癒の妨げにもなりません。また抗がん剤治療中に氷やアイスキャンディーを口に含むと口内炎の予防になります。
  • 低刺激性の麦芽飲料、シェイク、アイスクリームは栄養のある軽食です。好みの果物ジュースやフルーツパンチでアイスキャンディーを作ってもよいでしょう。
  • 食欲がない、あるいは体重減少が気になるという場合には、食間に軽食を摂ることを試したり、好みのインスタント食品や冷凍食品の中から手軽に調理でき高カロリーで軟らかい食べ物を試したりしてください。

その他、食事の仕方における注意

  • 飲み込むのが痛い場合は、局所麻酔薬で口をすすいでください。
  • 食事や軽食を摂った後は毎回口を洗浄してください。

【監修】聖路加国際病院 緩和ケア病棟 ブレストセンター オンコロジーセンター ナースマネージャー 玉橋容子氏

ページの先頭へ戻る

市民公開講座のご案内

『肺がんを学ぶ~目指せ患者力アップ!~市民公開講座』のご案内(参加無料、事前申込制)

今後このお知らせを表示しない

閉じる