がんとつきあう/吐き気・嘔吐皮膚障害の症状
手足症候群/発疹・紅斑/色素沈着/乾燥/爪

抗がん剤(化学療法や分子標的薬)によるがん治療の副作用のひとつに、皮膚障害があります。皮膚障害の代表格として、手足症候群が挙げられます。

手足症候群

手足症候群とは、抗がん剤(化学療法や分子標的薬)による治療のために手や足の皮膚に生じる副作用を指します。手のひらや足の裏に以下の症状が現れます。

手足症候群に見られる主な症状

両手

  • しびれ
  • 痛み
  • むくみ
  • 赤み(発赤・紅斑)
  • 色素沈着
  • 皮膚のガザガザ(皮膚が厚く、硬くなる)
  • ひびわれ
  • 水泡(水ぶくれ)

手のひらや足の裏のように、体重や力のかかりやすい部分や摩擦が生じやすい部分に多く発症します。重症化すると強い痛みを伴ったり、水泡やびらんができたりして、歩きづらくなり、日常生活に支障を来すことにもなりかねません。

手足症候群は、重度によって3つのグレードに分類することができます。

グレード1:日常生活に支障を来さないレベル
  • しびれ
  • ピリピリ感・チクチク感などの感覚の異常
  • 痛みを伴わない皮膚の腫れ・赤み
  • 爪の変形

しびれやピリピリ・チクチクした感じ、ものに触れたときの不快感などを生じます。見た目の変化がなくてもこれらの症状が現れることもあります。皮膚の腫れや赤みを生じることもありますが、痛みを伴わないため、日常生活に大きな支障はありません。

グレード2:痛みを伴い、日常生活に制限を来すレベル
  • 痛みを伴う腫れ・赤み
  • 皮膚の過角化(皮膚が厚く硬くなり、ガザガザする)
  • 爪に強い変形・脱落

腫れや赤みに痛みを伴うため、水仕事がしづらい、長時間の立ち仕事はつらいなど、日常生活に制限が出てくるようになります。

グレード3:日常生活を送るのが困難なレベル
  • 手や足に疼痛(激しい痛み)
  • 皮膚の過角化(皮膚が厚く硬くなり、ガザガザする)の進行・ひび割れ
  • 水泡(水ぶくれ)・潰瘍

水泡(水ぶくれ)を生じ、激しい痛みがあるため、歩けなくなるなど日常生活を送ることが困難になります。水泡が破れると、びらんや潰瘍を生じ、出血やかさぶたの症状にもつながります。

抗がん剤(化学療法や分子標的薬)による治療の副作用としてもたらされる手足症候群ですが、水仕事の際の洗剤による手湿疹や白癬(はくせん)(水虫)などの症状と似ているため、注意が必要です。気になる場合は皮膚科に相談しましょう。

その他の症状

抗がん剤(化学療法や分子標的薬)によるがん治療に伴い、皮膚障害を生じることがあります。手足症候群のほかに、発疹・紅斑、色素沈着、乾燥、爪の変化などが挙げられます。

発疹・紅斑

首筋や手足、背中、頭など身体の一部、あるいは全身の皮膚に発疹(赤いブツブツ)や紅斑(赤い斑点)を引き起こすことがあります。見た目にも明らかなことから患者さんの不安にもつながります。かゆみを伴うこともあり、精神的にも身体的にも患者さんにとって不快な症状のひとつといえます。

色素沈着

皮膚や爪が黒ずんだり、黒い斑点を生じたりすることを指します。色素沈着は、手や足、関節など部分的に現れることもあれば、全身が黒ずむこともあります。

乾燥

皮膚が乾燥すると、かゆみが生じます。ひどい場合には、ひび割れや出血につながることもあります。

爪にも下記のような症状が現れることがあります。

  • 爪の色の変化
  • 爪の変形
  • 爪が薄くなる
  • 爪の割れ

また、爪の周りが赤く腫れる、化膿する、ひどい場合には爪がはがれ落ちることもあります。

手足症候群をはじめ、これらの皮膚症状が現れたら、がん治療の継続のためにも主治医と相談して皮膚科と連携し、症状を和らげていくことが大切です。

【監修】和歌山県立医科大学 呼吸器内科・腫瘍内科 山本信之先生

ページの先頭へ戻る

市民公開講座のご案内

『肺がんを学ぶ~目指せ患者力アップ!~市民公開講座』のご案内(参加無料、事前申込制)

今後このお知らせを表示しない

閉じる