病気や治療方法を調べる情報の集め方

疑問に思っていることを書きだしてみましょう

主治医から、自分の病状と今後の治療方針について説明を受けたあと、すべてクリアに理解できた場合は良いのですが、よほど基礎知識がないかぎり、なかなかそうはいかないものです。説明を受けたときのメモを整理して、理解を深めましょう。そして、あやふやなところや疑問に思うことが浮かんできたら、そのままにせず、必ず解決するようにしましょう。

疑問を持ったまま治療に進んでしまうと、思いどおりの結果が得られなかったときに、「あのとき、やっぱり確認しておけばよかった」と後悔することにもなりかねません。治療後の身体と一生つきあうのは自分自身です。とことん納得できるまで妥協は禁物。疑問に思っていることを箇条書きにしたリストを作っておくと、今後の情報収集にも役立ちます。今後、治療が進んでいく過程でも、次々と疑問は浮かんでくるはずです。その時々で疑問に思うことをリストに加え、解決したら消していくようにしましょう。

相談支援センターなどの窓口を利用しましょう

全国の「がん診療連携拠点病院」には、相談支援センターが設けられています。聞きたいことがあるけれど、どこに相談してよいのかわからないという場合には、センターに電話したり、直接相談に出かけてみましょう。多くの相談を受けている機関ですから、きっと役に立つ情報が得られるはずです。

また、がんの診断を受けたことによって、心のなかがあらゆる葛藤でモヤモヤしている場合、全国に広がりつつある「がん哲学外来」などを活用してもいいでしょう。がんにかかった人に対して、患者としてではなく、ひとりの人間として、同じ目線で話を聞こうという動きが各地で進んでいます。誰かにじっくり話を聞いてもらうことで、気持ちが軽くなることも多いようです。

医師以外の医療スタッフにも相談してみましょう

がんの治療には、医師だけでなく看護師、薬剤師、栄養士、医療ソーシャルワーカーなど、複数の専門職が関わっています。入院生活のことは看護師、薬のことは薬剤師、食生活のことは栄養士、治療費や生活の心配は医療ソーシャルワーカーが丁寧にアドバイスしてくれます。病院によっては、日本看護協会が認定した「がん看護専門看護師」やがんに関連した「がん看護認定看護師」、日本病院薬剤師会が認定した「がん専門認定薬剤師」などの、専門知識と豊富な経験をもった医療者が働いている場合がありますから相談にのってくれます。

主治医や担当医はいつも忙しそうで、なかなか相談しにくいイメージがあるかもしれません。そんなときには専門の医療スタッフに聞くと良いでしょう。通常、がんの治療はチームで行なっていますから、医師に聞きたいことについて、これら専門の医療スタッフが答えられる場合もありますし、あなたの代わりに医師に質問しておいてもらうことも可能です。あなたを支えてくれるスタッフはたくさんいるのですから、ひとりで悩まず、相談しましょう。

インターネットを活用しましょう

パソコンがあれば、キーワードを入力するだけで最新の情報が手に入ります。インターネットのメリットは、書籍などに比べて新しい情報がより早く手に入ること。基本的な知識から、専門家レベルの最先端の情報まで得ることができます。今治療を受けている病院では提示されなかった治療法が見つかる場合もあるでしょう。まだ発売されていない新薬の情報も手に入ります。また、電子メールを活用して、質問したり、新たな情報を得ることもできますし、同じがんと闘っている仲間を見つけることも可能です。

ただし、膨大な情報の中から、自分にとって必要なものを選び出すのは至難の業。あまりネガティブな情報ばかりを目にして落ち込んだりしないよう、冷静な気持ちで利用することが大切です。初めてがんと診断された方はご自分のがんの標準治療を検索しましょう。医療者の説明の内容を理解するために利用することが賢い使用方法です。インターネットを使いなれていない人は、家族や友人など、日頃からインターネットで調べものをしている人に頼んで探してもらうと良いでしょう。

【監修】聖路加国際病院 緩和ケア病棟 ブレストセンター オンコロジーセンター ナースマネージャー 玉橋容子氏

ページの先頭へ戻る

市民公開講座のご案内

『肺がんを学ぶ~目指せ患者力アップ!~市民公開講座』のご案内(参加無料、事前申込制)

今後このお知らせを表示しない

閉じる