急性リンパ性白血病(ALL)を学ぶ急性リンパ性白血病(ALL)の原因と診断 / 症状、病期

急性リンパ性白血病(ALL)を学ぶ急性リンパ性白血病(ALL)の原因と診断

急性リンパ性白血病(ALL)にはどのような症状があらわれますか?

急性リンパ性白血病(ALL)の主な症状は、白血病細胞が骨髄や血液中で異常に増え、正常な赤血球、白血球、血小板がつくられなくなることであらわれます。赤血球が少なくなると貧血の症状(息切れや動悸)が出ることがあります。また、白血球が少なくなると抵抗力が低下し、感染症にかかりやすくなります。血小板が少なくなることで、出血しやすくなるため、鼻血が出やすくなったり、あざができやすくなったりもします。

初期の症状は発熱や体のだるさなど風邪の症状によく似ており、多くの患者さんはこうした体の異変をきっかけに受診します。病状が進行し、さまざまな臓器・組織に浸潤(がん細胞が周囲の組織に入り込んで、増殖すること)すると、肝臓や脾臓、リンパ節が腫れて大きくなったり、頭痛やめまいなどの症状があらわれることもあります。

小児の急性リンパ性白血病(ALL)の初期段階では、風邪のような症状や、不機嫌、なんとなく元気がないといった症状のみがあらわれることがあります。

図.急性リンパ性白血病(ALL)の症状

ページの先頭へ戻る

-->