急性リンパ性白血病(ALL)を学ぶ治療法-化学療法 / 成人Ph陰性急性リンパ性白血病(ALL)

急性リンパ性白血病(ALL)を学ぶ治療法-化学療法

成人Ph陰性急性リンパ性白血病(ALL)

急性リンパ性白血病(ALL)の患者さんはフィラデルフィア染色体(Ph)陽性なのか、それともPh陰性なのかによって化学療法の効き方が違うため、選ばれる治療方法も変わってきます。

成人のPh陰性の患者さんには通常の化学療法が選ばれ、寛解導入療法、地固め療法、維持療法や、中枢神経浸潤を予防するための髄注を行います。

ページの先頭へ戻る

-->