急性骨髄性白血病(AML)を学ぶ急性骨髄性白血病の治療方法-造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、さい帯血移植)

急性骨髄性白血病(AML)の治療方法造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、さい帯血移植)

造血幹細胞移植

急性骨髄性白血病(AML)の患者さんの治療法として、化学療法のほかに、造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、さい帯血移植)があります。

造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、さい帯血移植)とは?

造血幹細胞移植は、もともとは白血病細胞だけではなく正常な血液細胞も併せて死滅させる程の強力な抗がん剤や放射線治療を最大限行って、その後に、健康な提供者あるいは自身の骨髄から白血病細胞を除いた幹細胞を移植して正常な血液細胞を補充する、という考え方で行われていました。

造血幹細胞移植で用いる幹細胞には、骨髄、末梢血幹細胞、さい帯血があります。そして、ドナーとなる人が血縁者(兄弟、親、子ども)や非血縁者(いわゆる他人)という違いがあります。

造血幹細胞移植が数多く行われるようになり、自分以外の血縁者や非血縁者から移植をすると、提供者由来の白血球が患者さんの体に残る白血病細胞をやっつける免疫反応を持つことがわかってきました。

その為、造血幹細胞移植は、抗がん剤や放射線だけではなく移植後に起こる免疫反応の力も使って白血病細胞を死滅させる治療という考え方に変わってきました。

非血縁者から骨髄あるいは末梢血幹細胞の提供を受けたい場合には、「日本骨髄バンク」が仲介してくれます。また、非血縁者からさい帯血の提供を受けたい場合には、「日本さい帯血バンクネットワーク」に問い合わせ、全国のさい帯血バンクに保存されている中から適合するものを探すことになります。

造血幹細胞移植では、抗がん剤や放射線の治療を受けたあと、幹細胞が投与されます。この時患者さんは通常、無菌室に入っています。

そして、点滴のチューブから幹細胞が移植されます。そして、幹細胞が患者さんの体の中になじむように、患者さんには免疫抑制剤が点滴または飲み薬で投与されます。うまくいけば、移植後2~3週間でドナーさんの血液細胞が増えてきます。

造血幹細胞移植においても、化学療法の際に生じたものと同様の副作用や合併症が生じます。

ただし、抗がん剤の量が多いため、副作用はより強く、合併症もより長く生じます。輸血などの回数もかなり多くなります。

そして、化学療法では生じない、造血幹細胞移植に特異的な合併症である移植片対宿主病いしょくへんたいしゅくしゅびょう(Graft versus Host Disease:GVHD(ジーブイエイチディー))が多くの患者さんで発症します。

移植片対宿主病いしょくへんたいしゅくしゅびょう(Graft versus Host Disease:GVHD(ジーブイエイチディー))

ドナーさんの細胞が白血病細胞を攻撃することは造血幹細胞移植における重要な治療効果のひとつなのですが、患者さん自身を攻撃する場合は、移植片対宿主病いしょくへんたいしゅくしゅびょう(GVHD)という病気になります。移植片とはドナーさんの事、宿主とは患者さんの事を意味しています。

急性GVHDは、皮膚、肝臓そして腸に主に現れます。軽微な症状で治療を要さない場合から、重い症状が出て治療としても致死的な状態になる場合まで症状の重さは様々です。

慢性GVHDは、皮膚や関節が硬くなったり、口の粘膜が荒れたりする症状で、膠原病の症状とよく似ています。数か月から数年の治療が必要となる場合があり、患者さんの生活の質が低下します。

ページの先頭へ戻る