急性骨髄性白血病(AML)を学ぶ急性骨髄性白血病(AML)関連用語集

急性骨髄性白血病(AML)を学ぶ急性骨髄性白血病(AML)関連用語集

(五十音順)

生検(せいけん)

顕微鏡で組織や細胞の形や特徴を調べるために、組織の一部を採取すること

血球数

血液検体中の白血球、赤血球、血小板の数

骨髄

骨の内腔にある海綿状で網目構造になった組織で、血液細胞がつくられるところ

化学療法

(がんの場合には)抗がん剤による治療のこと

地固め療法

治療の第一段階で死滅しなかった可能性がある白血病細胞を破壊することにより、 再発を防ぐ第二段階の化学療法

顆粒球

白血球の一種で、好中球、好酸球、好塩基球の総称

寛解導入療法

できるだけ多くのがん細胞を破壊して、寛解を導入することを意図した第一段階の化学療法

白血病

血液のがん
本来の機能を失った異常な白血病細胞が過剰に産生される病気

リンパ球

白血球の一種で、免疫機能を持つB細胞やT細胞の総称

単球

白血球の一種で、病原菌を飲み込んで分解し感染を防ぐ血液細胞

血小板

血液を凝固させたり、出血を止めたりするはたらきをもつ血液細胞

赤血球

酸素を肺から全身の細胞に運搬する血液細胞

寛解(かんかい)

疾患がコントロールされ、疾患の徴候や症状がない状態、また白血病細胞が各種検査において検出されない状態

白血球

身体を感染から防御するはたらきをもつ血液細胞

ページの先頭へ戻る

市民公開講座のご案内

『急性白血病を学ぶ』のご案内(参加無料、事前申し込み不要)

今後このお知らせを表示しない

閉じる