乳がんを学ぶ原発乳がんの治療 / 放射線療法

原発乳がんの治療放射線療法

乳房温存手術のあと、手術で取りきれずに残されているかもしれないがん細胞を死滅させるために「放射線療法」を行います。放射線照射を行わなかった場合に比べて、乳房内のがん再発率がほぼ3分の1に減少することがわかっています。

乳房切除術を受けた患者さんの場合も、リンパ節転移の状況やしこりの大きさによっては、術後に放射線の照射を行うほうがよいとされています。

放射線療法は、がん細胞に高エネルギーの放射線を照射して、増殖を抑えたり、死滅させたりする治療法です。

副作用には、皮膚炎、倦怠感、白血球の減少などがありますが、いずれも軽度で、大きな問題になることはまずありません。痛みを伴わず副作用も少ないうえ、乳がんに効果が高い治療方法です。

通常は1日に1回放射線を照射します。照射時間は1~2分程度です。多くの場合、外来での治療が可能となります。

【監修】熊本大学大学院 生命科学研究部 乳腺・内分泌外科学分野 教授 岩瀬 弘敬 先生

ページの先頭へ戻る