乳がんを学ぶ乳がんと早期発見 / 細胞診・組織診(生検)とは

乳がんと早期発見細胞診・組織診(生検)とは

乳がんでは、精密検査として細胞診や組織診(生検)が行われます。これらの精密検査は、超音波やマンモグラフィーなどの画像診断で良性か悪性かはっきりしない場合やがんが疑われる場合に行われます。確定診断には、組織診(生検)が用いられます。

細胞診

細胞診では、病変部の細胞を採取し、採取した細胞を顕微鏡で調べ、がん細胞か否かを診断します。細胞診には、しこりなどの病変部に細い針を刺し、吸引した細胞を調べる穿刺せんし吸引細胞診や、乳頭から出ている分泌液を採取して調べる分泌液細胞診、乳頭びらんから細胞を採取して調べる擦過細胞診などがあります。

細胞診は身体への負担は少ないものの、がんでないのにがんと診断されたり、がんなのに見落とされたりすることがあるため、細胞診だけで最終診断とせず、推定診断として行われるようになってきています。

組織診(生検)

生検とも呼ばれる組織診は、細胞の一部ではなく、組織の一部を採取し、調べる検査法です。組織診の技術は年々高まってきています。また、細胞診よりも正確な判断ができることから、細胞診をしないケースも増えています。

組織診には、注射針よりも太い針をしこりに刺して組織を採取する針生検、針生検よりもさらに太い針を刺してより多くの組織を採取するマンモトーム生検、外科的にメスで組織を採取する外科的生検などがあります。

こうした組織診と画像診断の結果を合わせて、最終的な確定診断へとつなげます。

【監修】弘前市立病院 医療局長 兼 乳腺外科科長 長谷川 善枝 先生

ページの先頭へ戻る