乳がんを学ぶ乳がんの検査と診断 / 検査

乳がんの検査と診断検査

乳がん検診では、問診、視・触診、マンモグラフィ検査、超音波検査などを行います。詳しい検査が必要と判断された場合に、細胞診・組織診などの精密検査が行われます。

問診

月経周期、初潮・閉経時期、未婚/既婚、妊娠・出産歴、病歴、家族歴、気になる症状の有無などの情報を収集します。

視診

乳房の形、左右の対称性、ひきつれ・陥没の有無、皮膚の状態などを観察します。

触診

医師が乳房やわきの下にふれて、しこり、出血や分泌物、リンパ節の腫れなどの有無を確認します。多くの場合、マンモグラフィ検査と併用で行われます。

マンモグラフィ検査

乳房専用のX線撮影装置を用いた検査です。撮影台の上に乳房を乗せ、透明な板で圧迫して薄くのばして、上下や斜め方向からレントゲン写真を撮ります。

超音波検査(エコー)

超音波を発する機器を乳房にあて、反射された音波を画像化して、乳房内部の様子を映し出します。マンモグラフィ検査と合わせて実施することにより、乳がんの発見率を高めます。

細胞診、組織診(生検)

画像診断で良性か悪性かの区別がつかない病変や、がんを疑った場合に行われます。しこりに細い針を刺して細胞を採取する細胞診、やや太めの針を刺して組織の一部を採取する組織診などがあります。

その他の画像診断

CT検査やMRI検査などを行う場合もあります。

【監修】弘前市立病院 医療局長 兼 乳腺外科科長 長谷川 善枝 先生

ページの先頭へ戻る