乳がんを学ぶ乳がんと早期発見 / 超音波検査(エコー)

乳がんと早期発見超音波検査(エコー)

乳房に超音波をあて、その反射波を画像に映し出して乳房内部の状態を観察する方法です。

乳房にジェルを塗り、プローブと呼ばれるセンサーを乳房にあてて移動させ、モニターに乳房内部の画像を映し出します。

放射線被ばくがないため、妊娠中の方も受けることができます。

【監修】弘前市立病院 医療局長 兼 乳腺外科科長 長谷川 善枝 先生

ページの先頭へ戻る