乳がんを学ぶ原発乳がんの治療 / ホルモン療法

原発乳がんの治療ホルモン療法

ホルモン剤によって、体内のエストロゲン(女性ホルモン)の働きを妨げたり、エストロゲンがつくられないようにして、がん細胞の増殖を抑える治療方法です。

閉経前後で異なるホルモン剤

エストロゲンは体内でつくられますが、閉経※の前と後とでは、つくられる部位やメカニズムが異なります。そのため、閉経前の患者さんと閉経後の患者さんとでは、使用するホルモン剤が異なります。

閉経前の患者さんに使用するホルモン剤

閉経前は、エストロゲンは卵巣でつくられています。そこで卵巣でのエストロゲンの合成を抑えるLH-RHアゴニスト製剤を一般的に2~5年間継続して投与します。抗エストロゲン薬も5年間併用します。

閉経後の患者さんに使用するホルモン剤

閉経後は、エストロゲンが卵巣でつくられることはありません。副腎皮質から分泌されるアンドロゲンという男性ホルモンが、アロマターゼという酵素の働きでエストロゲンにつくりかえられるようになります。そこで、閉経後の患者さんにはアロマターゼの働きを妨げるアロマターゼ阻害薬を5年間用います。抗エストロゲン薬が使用されることもあります。

※ここで「閉経」とは、次のいずれかにあてはまることを意味します。

  • 年齢が60歳以上である
  • 年齢が45歳以上で過去1年以上月経がない
  • 両側の卵巣を摘出している

乳がん治療に使われる主なホルモン剤

閉経前

薬の種類 働き
LH-RHアゴニスト製剤 卵巣でエストロゲンがつくられるのを抑える

閉経前/閉経後

薬の種類 働き
抗エストロゲン薬 エストロゲンが乳がん細胞に作用するのを妨げる
黄体ホルモン薬 間接的にエストロゲンの働きを抑える

閉経後

薬の種類 働き
アロマターゼ阻害薬 エストロゲンがつくられないように、アロマターゼの働きを妨げる

ホルモン剤の主な副作用

ホルモン療法は、エストロゲン(女性ホルモン)を抑えることにより効果を発揮します。そのため、更年期障害と同じような症状の副作用が現れやすくなります。また、使う薬によって発現する副作用が違うので注意が必要です。

ほてり・のぼせ・発汗

体内のエストロゲンが減少して体温調節がうまくできなくなるために起こります。閉経後の患者さんには、このような副作用の発生頻度が低いアロマターゼ阻害薬の使用を検討します。

頭痛・肩こり・うつ状態

頭痛、肩こり、気分の落ち込み、イライラ、不眠などの精神・神経症状が現れることがあります。睡眠薬や気分を安定させる薬の使用や、カウンセリングを受けるという方法もあります。

筋肉痛・関節のこわばり

関節の痛みやこわばりなどが現れることがあります。ほとんどの場合、症状は次第に改善していきます。場合によっては消炎鎮痛剤などの薬で対処します。

骨密度の低下

エストロゲンの減少により骨密度が低下し、骨折を起こしやすくなることがあります。定期的(年1回)に骨密度測定を受けて骨の状態をチェックするとともに、カルシウムやビタミンDを多く含む食品の摂取や適度な運動を心がけましょう。

その他

その他、以下のような副作用が現れることがあります。
生殖器症状(不正出血・膣炎)、血栓 など。

上記以外にも気になる症状が現れた場合は、医師、薬剤師にご相談ください。

【監修】熊本大学大学院 生命科学研究部 乳腺・内分泌外科分野 教授 岩瀬 弘敬 先生

ページの先頭へ戻る