乳がんを学ぶ原発乳がんの治療 / 手術

原発乳がんの治療手術

乳がんの治療で基本となるのは、乳房内のがんを取り除く外科手術です。

いま、乳がん手術の主流となっているのは、がんが存在する部分のみを切除して元の乳房の形をできるだけ残す「乳房温存手術」です。

ただし、がんの広がりが大きくて乳房を部分的に残すことがむずかしい場合には、「乳房切除術」を行い、乳房全体を取り除きます。

このように、乳房温存手術と乳房切除術のどちらを行うかについては、がんの状態(広がり)などによって決められます。現在では、どちらの手術を行ってもその後の経過にほとんど差はないことがわかっていますので、部分的な切除で済むと判断された場合には、乳房を残すことのできる乳房温存手術が選択されることが増えています。

乳がん手術後に、患者さんが希望される場合には、患者さん自身の体の組織あるいは人工物を用いて乳房をつくる「乳房再建」を行います。

乳房温存手術

乳房温存手術で大切なのは、がんの広がりを正確に把握し、そのすべてを切除すると同時に、美容的に満足できる形で乳房を残すよう配慮をすることです。

しこりだけでなく、術前の画像診断で存在が確認された「しこり未満のがん」も切除の対象となります。手術の最中に組織診や細胞診を行って、慎重に確認しながらがんを取り除きます。

乳房温存手術の場合は、術後、残った乳房に放射線療法を行います。これによって、乳房をすべて切除した場合と同じ効果を得ることができます。

乳房温存手術を行うための条件

乳房温存手術を行うための条件は、下記のとおりです。

  • しこりの大きさが直径3cm以下であること
  • がんが乳腺の中に大きく広がっていないこと
  • 乳腺以外の組織に転移していないこと
  • 原則として、放射線療法を行えること
    次の方は放射線療法は受けられません。
    ・重い膠原病をわずらっている
    ・妊娠中である
    ・過去に同じ部位に放射線療法を行ったことがある
    など

乳房切除術

乳房切除術では、大胸筋と小胸筋を残し、すべての乳房を切除します。がんの状態によっては、乳頭、乳輪、皮膚を残せる場合もありますが、逆に、わきの下のリンパ節や胸の筋肉なども併せて切除しなくてはならない場合もあります。術後は乳房がなくなり、胸のふくらみも失われます。

乳房再建

手術によって失われた乳房を、形成外科の技術によって再建することを「乳房再建」といいます。

乳房再建の方法は、以下の2つがあります。

方法 特徴
自家組織(じかそしき)を使う方法 患者さん自身のお腹や背中などから採取した組織(自家組織)を用いて、乳房再建を行う。
人工物を用いた方法にくらべ、体への負担が大きい。
人工物を使う方法 人工物(シリコン)を用いて、乳房再建を行う。
放射線療法を受けたあとでは、人工物による乳房再建が難しいこともある。

また、乳房再建を行う時期と手術の回数により、以下のとおりに分類されます。

分類 特徴
時期 一次再建 乳がんの手術と同時に、乳房再建を行う。
二次再建 乳がんの手術後、数ヵ月以上の期間をおいてから乳房再建を行う。
手術の回数 一期再建 乳房再建の手術が1回で済む。
二期再建 1回目の手術でエキスパンダーという袋を挿入して皮膚を伸ばしてから、2回目の手術で自家組織や人工物に入れ替える。

1回の手術で、乳がんの切除と乳房再建ができる一次一期再建は、体への負担を少なくすることができると考えられます。しかし、患者さんの状態や病院の状況などにより最適な方法は異なってくるため、乳房再建を希望する場合は医師と十分に相談することが大切です。

センチネルリンパ節生検

センチネルとは、日本語で「見張り役」という意味です。がん細胞が最初にたどり着くリンパ節を“がんの転移を見張るリンパ節”と見立ててつけられた名称です。

「センチネルリンパ節生検」では、がん周辺に微量の放射性同位元素(アイソトープ)や色素(人体に無害な色のついた液体)を注射し、この目印が最初にたどり着いたリンパ節を調べます。

小さな皮膚切開によって数個のセンチネルリンパ節のみを摘出し、がんの転移があるかどうかを検査します。通常、乳房の手術の際に行います。

摘出したセンチネルリンパ節にがん細胞が見つからなければ、それ以上遠くのリンパ節への転移はないと判断し、わきの下のリンパ節を切除せずに残すことができます。一方、がん細胞が見つかった場合には、わきの下のリンパ節を広く切除します(腋窩リンパ節郭清)。

腋窩えきかリンパ節郭清かくせい

「腋窩」とはわきの下のこと、「郭清」とはすべてを取り除くことです。わきの下のリンパ節(腋窩リンパ節)は、脂肪の中に埋め込まれるように存在しており、リンパ節の取り残しがないよう脂肪も含めて腋窩リンパ節をきれいに取り除く手術のことを「腋窩リンパ節郭清」といいます。

腋窩リンパ節郭清は、合併症として腕が上がりにくくなる、しびれる、むくみが出る、といった症状が現れることがあり、患者さんへの負担が大きい手術です。

このため、より負担が少ないセンチネルリンパ節生検が普及し始め、手術前に腋窩リンパ節への明らかな転移がないと診断された場合には、まずセンチネルリンパ節生検を行うようになりました。

しかし、手術前に触診や画像診断などで、腋窩リンパ節に転移が見つかった場合や、センチネルリンパ節生検により転移が見つかった場合は、腋窩リンパ節郭清を行うことがあります。

腋窩リンパ節郭清の範囲は、わきの下から鎖骨に向かって、レベルⅠからⅢに分けられます(下図)。リンパ節転移は、レベルⅠからレベルⅡ、Ⅲへと順に進んでいくと考えられるため、腋窩リンパ節郭清は転移しやすいレベルⅠから順に行います。

また、センチネルリンパ節生検により転移が見つかった場合でも、腋窩リンパ節郭清を行わないことがあります。その場合は、わきの下への放射線治療を行います。

【監修】熊本大学大学院 生命科学研究部 乳腺・内分泌外科学分野 教授 岩瀬 弘敬 先生

ページの先頭へ戻る