乳がんを学ぶ乳がんQ&A

乳がんと早期発見乳がんQ&A

Q120~30歳代でも、乳がん検診を受けたほうがいいのでしょうか?

A

乳がんは30歳代後半から増加しはじめ、40~50歳代の方に1番多い病気です。しかし20歳代の方でも発症することがありますので、若いうちから気をつけておくことが大切です。

月に1回はセルフチェックを行い、ご自身の乳房の状態を知っておくとよいでしょう。また、家族に乳がんになった方がいる場合は、20~30歳代から定期検診を受けることをおすすめします。

Q2家族に乳がん患者がいると、乳がんの発症リスクは高くなりますか?

A

家系内に乳がん経験者がいる場合、乳がん発症リスクは高くなります。母親や姉妹に乳がんになった方がいる場合は、いない場合に比べて、2倍以上リスクが高くなるといわれています。乳がんを発症した親戚の人数が多い場合 には、さらにリスクが高くなります。

Q3更年期障害の治療でホルモン補充療法を長く続けると、乳がんになりやすいと聞いたのですが?

A

ホルモン補充療法には、主に、エストロゲン(卵胞ホルモン)を単独で補う方法と、エストロゲンとプロゲスチン(黄体ホルモン)を併用する方法の2種類があります。

乳がん発症リスクとの関連については、エストロゲン単独療法ではまだはっきりとわかっていませんが、エストロゲンとプロゲスチンの併用療法ではわずかにリスクを高めるといわれています。

いずれにしても、ホルモン補充療法を始める際には、あらかじめ婦人科医とよく相談されることをおすすめします。

Q4乳腺症や乳腺炎は、乳がんの発症と関係がありますか?

A

乳腺症は、30~40歳代の女性にみられる良性の疾患です。卵巣から分泌されるホルモンの関係で、月経周期と連動するしこりや痛みを伴うことがありますが、閉経後には自然に消失します。

乳腺炎は、授乳期に母乳が乳房内にたまったり、細菌の侵入によって起こる乳房の炎症で、腫れや痛み、うみ、しこりなどがみられます。

ほとんどの場合、乳腺症や乳腺炎は乳がんの発症には関係ありません。ただし、乳頭から血の混じった分泌物が出たり、痛みがないのに乳房が腫れたりする場合には、まれに乳がんが隠れていることがあるので、病院を受診してください。

Q5乳がんと診断されたら、どうしたらよいでしょうか?

A

乳がんの治療は、手術、薬、放射線などの組み合わせで行われ、たくさんの方法があります。どの方法が最善か、ご本人と医師がじっくり話し合って決めることになります。

病院や治療法を決めるときは、納得のいくまで十分に検討してください。また、「セカンドオピニオン(担当医以外の医師の意見)」を聞いてみるのもよいでしょう。

【監修】弘前市立病院 医療局長 兼 乳腺外科科長 長谷川善枝 先生

ページの先頭へ戻る