慢性骨髄性白血病(CML)を学ぶ慢性骨髄性白血病(CML)の原因と診断 / 診断と検査

慢性骨髄性白血病(CML)を学ぶ慢性骨髄性白血病(CML)の原因と診断

診断と検査

慢性骨髄性白血病(CML)を診断する際には、血液検査、骨髄検査、染色体検査、遺伝子検査などを行います。最終的に慢性骨髄性白血病(CML)と確定診断するには、染色体異常(フィラデルフィア[Ph]染色体)あるいは遺伝子異常(BCR-ABL遺伝子)をみつける必要があります。

骨髄検査では、細い針を骨に刺し、中にある骨髄液を注射器で吸引する「骨髄穿刺(マルク)」を行います。骨髄穿刺は、主に腸骨(骨盤の骨)で行いますが、胸骨(胸の正面にある平らな骨)で行う場合もあります。骨髄穿刺で骨髄液が吸引できない場合、腸骨にやや太い針を刺し、骨髄組織を数ミリ切り取る「骨髄生検」を行うこともあります。採取した骨髄液や骨髄組織を観察して細胞の形などを調べ、染色体検査や遺伝子検査を行い、異常が確認された場合に慢性骨髄性白血病(CML)と診断されます。

表.慢性骨髄性白血病(CML)を診断するときの主な検査

検査項目 検査で調べること
血液検査 赤血球、血小板、白血球(分画 ) の数
骨髄検査 骨髄細胞の数や種類
染色体検査 染色体の異常(フィラデルフィア染色体)
遺伝子検査 遺伝子の異常(BCR-ABL遺伝子)
超音波、CT、MRIによる検査 脾臓、肝臓、リンパ節の腫れの程度など

ページの先頭へ戻る

市民公開講座のご案内

『急性白血病を学ぶ』のご案内(参加無料、事前申し込み不要)

今後このお知らせを表示しない

閉じる