慢性骨髄性白血病(CML)を学ぶ慢性骨髄性白血病(CML) 関連用語集

慢性骨髄性白血病(CML)を学ぶ慢性骨髄性白血病(CML) 関連用語集

(五十音順)

Amp-CML法(アンプ)

TMAという方法で遺伝子を増幅し、BCR-ABL遺伝子の量を測定する方法

化学療法

(がんの場合には)抗がん剤による治療のこと

芽球(がきゅう)

成熟していない若い血液細胞のことで、白血病になると、骨髄でがん化した芽球が異常に増殖し、血液中に放出される

顆粒球

白血球の一種で、好中球、好酸球、好塩基球の総称

寛解(かんかい)

疾患がコントロールされ、疾患の徴候や症状がない状態、また白血病細胞が各種検査において検出されない状態

血液学的寛解

血液検査が正常値に戻り、臨床症状がなくなった状態

血球数

血液検体中の白血球、赤血球、血小板の数

血小板

血液を凝固させたり、出血を止めたりするはたらきをもつ血液細胞

骨髄

骨の内腔にある海綿状で網目構造になった組織で、血液細胞がつくられるところ

骨髄生検(こつずいせいけん)

腸骨に太い針を刺して骨髄の組織を切り取ること(骨髄穿刺で骨髄液が吸引できない場合に行われる)

骨髄穿刺(こつずいせんし)

胸骨または腸骨に細い針を刺し、骨髄にある骨髄液を注射器を使って吸引すること

細胞遺伝学的寛解

染色体検査でフィラデルフィア(Ph)染色体を持つ白血病細胞が検出されなくなった状態

Gバンド法

ギムザという色素でDNA(デオキシリボ核酸)を染め、染色体を顕微鏡で観察する方法

生検(せいけん)

顕微鏡で組織や細胞の形や特徴を調べるために、組織の一部を採取すること

赤血球

酸素を肺から全身の細胞に運搬する血液細胞

染色体

遺伝情報が記録されたDNA(デオキシリボ核酸)が、ヒストンというタンパク質に巻きつき、細胞の核の中で複雑に折りたたまれたもの

造血幹細胞

骨髄の中で血液細胞がつくられるもとになる細胞

造血幹細胞移植

がん化した造血幹細胞を、健康な造血幹細胞と取り替える治療法

単球

白血球の一種で、病原菌を飲み込んで分解し感染を防ぐ血液細胞

白血球

身体を感染から防御するはたらきをもつ血液細胞

白血病

血液のがん
本来の機能を失った異常な白血病細胞が過剰に産生される病気

PCR法(ピーシーアール)

遺伝子を増殖させる方法。慢性骨髄性白血病の検査では、遺伝子に蛍光色素を結合して増幅し、蛍光の強さから遺伝子の量を測定している

BCR-ABL遺伝子(ビーシーアールエイブル)

フィラデルフィア(Ph)染色体上にある異常な遺伝子
第9番染色体と第22番染色体の切片どうしがつながってできている

FISH法(フィッシュ)

蛍光物質を利用して、染色体の中にある目的の遺伝子を検出する方法

フィラデルフィア(Ph)染色体

第9番染色体と第22番染色体の一部分が融合した異常な染色体で、BCR-ABL遺伝子を発現する

分子遺伝学的完全寛解

PCR法による検査で2回連続BCR-ABL遺伝子が検出されなくなった状態

分子標的治療薬

がん細胞の増殖に関わっている特定の分子(タンパク質や酵素)だけを狙って、がんの増殖を防ぐ薬剤

慢性骨髄性白血病(CML)

白血病の一種。未熟な細胞から成熟した細胞まで、さまざまな成熟段階の白血病細胞が増加する病気

リンパ球

白血球の一種で、免疫機能を持つB細胞やT細胞の総称

ページの先頭へ戻る