GIST(消化管間質腫瘍)GIST Q&AGISTと診断されたら / GISTはどのように分類しますか?

GIST Q&AGISTはどのように分類しますか?

胃癌や大腸癌などは、切除後に病理組織検査で「悪性」と比較的簡単に診断出来ますが、GISTの場合はサイズや腫瘍の形に関係なく再発の可能性があるため、腫瘍サイズとともに増殖力(腫瘍細胞の分裂の速さ)や腫瘍の発生場所を加味して、再発リスク別に「超低リスク」「低リスク」「中或いは中間リスク」「高リスク」の4つに分類します。
再発率と腫瘍サイズの関係ですが、2cm未満では1%未満、2~5cmでは10%以内、5~10cmでは30~40%、10cmを超えると70%以上と、腫瘍サイズに比例して高くなります。再発は3年以内に多く、お腹の中に再発することが多く、しばしば腹膜や肝臓への転移がみられます。

監修:川崎医科大学 臨床腫瘍学 講師
澤木 明 先生

ページの先頭へ戻る