GIST(消化管間質腫瘍)GIST Q&AGISTの治療をはじめたら / GISTの治療法について教えてください

GIST Q&AGISTの治療法について教えてください

GIST治療の第一選択は外科手術となります。ただし、腫瘍が大きい場合や、周囲の臓器への浸潤や転移などの理由で手術ができないあるいは腫瘍を完全に切除しきれない場合には、「分子標的薬」というお薬で治療します。この薬は、がんの増殖にかかわる分子だけを狙って攻撃するため、正常な細胞に与えるダメージが少ないと言われています。

現在、「分子標的薬」として投与されるお薬には3種類あり、患者さんの状態に応じて推奨されるお薬の使い方が「GIST診療ガイドライン」によって定められています。

チーム医療に関わる専門家の役割

※「診療ガイドライン」とは?
医療の現場において適切な判断を行うため、病気の診断・治療・治療効果などについての最新の情報を専門医師が集まる学会や研究会が検討し、基本的な指針としてまとめたもの。
「GIST診療ガイドライン」は、日本癌治療学会・日本胃癌学会・GIST研究会により作成されています。

監修:川崎医科大学 臨床腫瘍学 講師
澤木 明 先生

ページの先頭へ戻る