GIST(消化管間質腫瘍)GISTについて / GIST(消化管間質腫瘍)の治療方法

GISTについてGIST(消化管間質腫瘍)の治療方法

GISTの最も有効な治療法は、外科手術による病巣の切除です。ただし、再発・転移した場合や、手術ができない場合は、薬による治療を行います。

現在、GISTに対する効果が高い薬として、通常の抗がん剤とは違う働きをもつ「分子標的薬」が用いられています。これまでの抗がん剤は、がん細胞を殺す能力に重点が置かれてきたため、がん細胞と正常細胞を区別する力が乏しく、多くの副作用が生じていました。しかし、分子標的薬はがんの増殖にかかわっている分子を中心に攻撃するため、正常な細胞に大きなダメージを与えにくい特徴があります。その結果、副作用を少なくできるという大きな長所があります。

再発・転移した場合や、手術ができない場合は薬物治療が有効とされています。

監修:川崎医科大学 臨床腫瘍学 講師
澤木 明 先生

ページの先頭へ戻る