GIST(消化管間質腫瘍)GIST関連用語集粘膜下腫瘍

GIST関連用語集粘膜下腫瘍

粘膜の下の層にできる腫瘍のこと。表面が正常な粘膜におおわれその下に隠れるように存在するため、診断が難しく、粘膜から発生する通常のがんやポリープなどとは区別して考えられています。粘膜下腫瘍には、消化管間質腫瘍(GIST)、平滑筋腫、神経鞘腫、カルチノイド腫瘍などがあり、胃ではGISTがもっとも多いと言われています。

監修:川崎医科大学 臨床腫瘍学 講師
澤木 明 先生

ページの先頭へ戻る