GIST(消化管間質腫瘍)GIST関連用語集PET検査( ペットけんさ )

GIST関連用語集PET検査( ペットけんさ )

「PET」とは、ポジトロン(陽電子)放出断層撮影法(Positron Emission Tomography)のことで、がん細胞が、正常な細胞よりブドウ糖の取り込みが多いという性質を活用して、ブドウ糖に似せた薬剤を注射し、薬剤が集まったところ(がんと疑われる部分)を画像化する検査です。
一度の検査で全身が検索できて、微小ながんも発見可能、従来のがん検診では発見しにくい部位(頭や骨など)も診断できるといわれていますが万能ではなく、検査薬が炎症部分にも取り込まれること、胃がんや肝臓がんなどはPETでは見つけにくいともいわれています。そこで、PET検査と従来のCT検査などを組み合わせる方法が有効といわれ、今後の主流になると見られています。

監修:川崎医科大学 臨床腫瘍学 講師
澤木 明 先生

ページの先頭へ戻る