GIST(消化管間質腫瘍)GIST関連用語集RFA

GIST関連用語集RFA

RFA(radiofrequency ablation)とは「ラジオ波熱凝固療法」のことで、皮膚から電極針をがんの内部に差し込み、先端からラジオ波を照射し熱を発生させ、がん細胞を焼き殺す治療法です。日本では1999年に導入され、2004年4月に肝臓がんに保険適用となりました。治療成績は良好で日常診療で広く用いられています。

監修:川崎医科大学 臨床腫瘍学 講師
澤木 明 先生

ページの先頭へ戻る