肺がんを学ぶ遺伝子検査と肺がん治療 / 肺がんの個別化治療

遺伝子検査と肺がん治療肺がんの個別化治療

患者さん1人ひとりに合った治療を考える「個別化治療」が中心に

患者さん1人ひとりに合った治療を考える「個別化治療」が中心に

最近の研究により、それぞれのがんに特有な遺伝子変異が存在することがわかってきています。

肺がんでは「ALK 融合遺伝子」、「EGFR 遺伝子変異」といった遺伝子変異がみられ、これら以外にもさまざまな遺伝子変異のタイプが存在することがわかってきました。

現在、肺がんでは、この2つの遺伝子変異をターゲットとした治療を行うことができるようになり、患者さん1人ひとりに合った治療を考える「個別化治療」が中心となっています。

遺伝子検査を受けて自分の肺がんのタイプを知ることが大切

現在、肺がんと診断された場合、EGFR 遺伝子変異検査を行うことは一般的となっていますが、新しい遺伝子変異のタイプであるALK 融合遺伝子をターゲットとして治療を行うこともできるようになったため、ALK 遺伝子検査を行うことも非常に重要となっています。

遺伝子検査を受けて自分の肺がんのタイプを知ることが大切

自分に合った治療を選択するため、積極的に遺伝子検査を受けるようにしましょう。

また、最近の研究により、肺がんでは、ALK 融合遺伝子やEGFR 遺伝子変異以外にもさまざまな遺伝子変異が認められることがわかってきており、今後、これらの遺伝子変異をターゲットとした薬剤の開発も期待されています。

【監修】近畿大学医学部 内科学腫瘍内科部門 教授 中川和彦 先生

ページの先頭へ戻る