肺がんを学ぶ遺伝子検査と肺がん治療 / 肺がんの個別化治療

遺伝子検査と肺がん治療肺がんの個別化治療

患者さん1人ひとりに合った治療を考える「個別化治療」が中心に

患者さん1人ひとりに合った治療を考える「個別化治療」が中心に

最近の研究により、それぞれのがんに特有な遺伝子変異が存在することがわかってきています。

肺がんでは「ROS1ロスワン 融合遺伝子」、「ALKアルク 融合遺伝子」、「EGFRイージーエフアール 遺伝子変異」といった遺伝子変異がみられ、これら以外にもさまざまな遺伝子変異のタイプが存在することがわかってきました。

現在、肺がんでは、この3つの遺伝子変異をターゲットとした治療を行うことができるようになり、患者さん1人ひとりに合った治療を考える「個別化治療」が中心となっています。

【監修】近畿大学医学部 内科学腫瘍内科部門 主任教授 中川和彦 先生

ページの先頭へ戻る