肺がんを学ぶ遺伝子検査と肺がん治療 / 遺伝子変異と治療

遺伝子検査と肺がん治療遺伝子変異と治療

肺がんにみられる「ALK 融合遺伝子」および「EGFR 遺伝子変異」は、いずれもがん細胞の増殖に大きくかかわっています。

遺伝子変異のタイプに合わせた治療を行うことが可能

ALK 融合遺伝子が認められた場合は「ALKチロシンキナーゼ阻害剤そがいざいALK阻害剤)」、EGFR 遺伝子変異が認められた場合は「EGFRチロシンキナーゼ阻害剤」というお薬を使うことができます。ALK 融合遺伝子、EGFR 遺伝子変異のいずれも認められなかった場合には従来の抗がん剤による治療を行います。 日本肺癌学会によるガイドラインでも、遺伝子検査を行って遺伝子変異があるかどうかを調べた上で、患者さんに合った治療を選択することを推奨しています。

遺伝子変異と治療の関係

遺伝子変異と治療の関係

【監修】近畿大学医学部 内科学腫瘍内科部門 教授 中川和彦 先生

ページの先頭へ戻る