肺がんを学ぶ遺伝子検査と肺がん治療 / 遺伝子変異と治療

遺伝子検査と肺がん治療遺伝子変異と治療

肺がんにみられる「ROS1 融合遺伝子」、「ALK 融合遺伝子」および「EGFR 遺伝子変異」は、いずれもがん細胞の増殖に大きくかかわっています。

遺伝子変異のタイプに合わせた治療を行うことが可能

ROS1 融合遺伝子が認められた場合は「ROS1チロシンキナーゼ阻害剤そがいざい(ROS1阻害剤)」、ALK 融合遺伝子が認められた場合は「ALKチロシンキナーゼ阻害剤(ALK阻害剤)」、EGFR 遺伝子変異が認められた場合は「EGFRチロシンキナーゼ阻害剤」というお薬を使うことができます。 ROS1 融合遺伝子、ALK 融合遺伝子、EGFR 遺伝子変異のいずれも認められなかった場合には、従来の抗がん剤による治療やがん免疫療法注)を行います。 日本肺癌学会によるガイドラインでも、遺伝子検査を行って遺伝子変異があるかどうかを調べた上で、患者さんに合った治療を選択することを推奨しています。

遺伝子変異と治療の関係

遺伝子変異と治療の関係

注)医師の診察により、がん免疫療法が適応と判断される場合のみ

【監修】近畿大学医学部 内科学腫瘍内科部門 主任教授 中川和彦 先生

ページの先頭へ戻る

市民公開講座のご案内

『肺がんを学ぶ~目指せ患者力アップ!~市民公開講座』のご案内(参加無料、事前申込制)

今後このお知らせを表示しない

閉じる