肺がんを学ぶ遺伝子検査と肺がん治療 / ALK融合遺伝子とは

遺伝子検査と肺がん治療 ROS1 融合遺伝子、ALK 融合遺伝子とは

ROS1 融合遺伝子

ROS1 融合遺伝子」とは、なんらかの原因により「ROS1遺伝子」と他の遺伝子が融合することでできる特殊な遺伝子のことです。「ROS1 融合遺伝子」があると、この遺伝子からできるタンパク質(ROS1融合タンパク)の作用により、がん細胞を増殖させるスイッチが常にオンとなり、がん細胞が限りなく増殖してしまいます。

ROS1融合遺伝子 ROS1融合タンパク

新たに注目を集めるROS1 融合遺伝子

ROS1 融合遺伝子は、近年新しくみつかったがん細胞の増殖にかかわる遺伝子です。最近、ROS1 融合遺伝子をターゲットとするお薬も登場したことから、注目を集めています。
ROS1 融合遺伝子は、肺がん(非小細胞肺がん)の患者さんの約1〜2%に認められ、非小細胞肺がんのなかでも腺がんに特異的にみられます。

ALK 融合遺伝子

ALK 融合遺伝子」とは、なんらかの原因により「ALK 遺伝子」と他の遺伝子が融合することでできる特殊な遺伝子のことです。「ALK 融合遺伝子」があると、この遺伝子からできるタンパク質(ALK融合タンパク)の作用により、がん細胞を増殖させるスイッチが常にオンとなり、がん細胞が限りなく増殖してしまいます。

ALK融合遺伝子 ALK融合タンパク

肺がん治療のターゲットとして重要なALK 融合遺伝子

ALK 融合遺伝子は、ROS1 融合遺伝子と同様に新しくみつかったがん細胞の増殖にかかわる遺伝子です。ALK 融合遺伝子は、がん細胞の増殖にかかわる遺伝子のなかでも特にがん増殖能が強いことから、「横綱がん遺伝子」とも呼ばれ、肺がん治療における重要なターゲットとして注目されています。

ALK 融合遺伝子は、肺がん(非小細胞肺がん)の患者さんの約3~5%に認められ、非小細胞肺がんのなかでも腺がんに特異的にみられます。
ROS1 融合遺伝子やALK 融合遺伝子は、たばこを吸わない患者さん、比較的年齢の若い患者さんに認められやすいことがわかっています。
ただし、これら以外の患者さんでもみつかることがあるため、どんな患者さんでもROS1 融合遺伝子やALK 融合遺伝子があるかどうかを確認することは大切です。

ALK融合遺伝子はいろいろな特徴を持った患者さんでみつかる

!

すでにEGFR 遺伝子変異について検査を行っている場合でも、ROS1 融合遺伝子やALK 融合遺伝子があるかどうかを調べるためには、あらためて検査を行う必要があります。

【監修】近畿大学医学部 内科学腫瘍内科部門 主任教授 中川和彦 先生

ページの先頭へ戻る

市民公開講座のご案内

『肺がんを学ぶ~目指せ患者力アップ!~市民公開講座』のご案内(参加無料、事前申込制)

今後このお知らせを表示しない

閉じる