肺がんを学ぶ遺伝子検査と肺がん治療 / EGFR遺伝子変異とは

遺伝子検査と肺がん治療EGFR 遺伝子変異とは

EGFR」とは、がん細胞が増殖するためのスイッチのような役割を果たしているタンパク質のことで、がん細胞の表面にたくさん存在しています。このEGFRを構成する遺伝子の一部(チロシンキナーゼ部位)に変異があると、がん細胞を増殖させるスイッチが常にオンとなっているような状態となり、がん細胞が限りなく増殖してしまいます

EGFR遺伝子変異なし EGFR遺伝子変異あり

【監修】近畿大学医学部 内科学腫瘍内科部門 教授 中川和彦 先生

ページの先頭へ戻る