肺がんを学ぶ遺伝子検査と肺がん治療 / 遺伝子検査の方法

遺伝子検査と肺がん治療遺伝子検査の方法

遺伝子変異はどうやって調べるの?

肺がんでは、レントゲン写真などで肺がんが疑われた場合に、気管支鏡きかんしきょうという器具等を使って肺の組織や細胞を採取したり、痰を採取したりして、そのなかに本当にがんがあるかどうかを調べます。これを確定診断といいます。

肺がんと確定診断された場合には、ALK 融合遺伝子またはEGFR 遺伝子変異があるかどうかを検査します。

EGFR遺伝子変異があるかどうかを検査します。

ALK 融合遺伝子やEGFR 遺伝子変異は、多くの場合、確定診断のときに使った「組織」や「細胞」を用いてそれぞれ検査を実施します。

【監修】近畿大学医学部 内科学腫瘍内科部門 教授 中川和彦 先生

ページの先頭へ戻る