肺がんを学ぶ肺がんの検査と診断 / 診断後~治療中

肺がんの検査と診断診断後~治療中

遺伝子検査

がん細胞の遺伝子にどのような異常(変異)がおきているのかを調べる検査です。特定のがん遺伝子に効果のある薬(分子標的薬)を使うことができるかどうか調べるために行います。

非小細胞肺がんの遺伝子検査は、がんの組織の一部(検体)を使って行います。検体は、肺がんの確定診断や手術のときに採取した組織や細胞を使うことができます。

しかし、以前に採取した組織などでは十分な検査が行えない場合には、もう一度、気管支鏡検査や経皮肺生検などでがんの細胞や組織を採取して検査を行います。

X線検査(レントゲン)

胸部X線検査は、肺がんを診断し、治療するうえで最も基本的な検査で、一般的な肺の検診でも使用されています。

適切な診断を行うためにはきれいなレントゲン写真を撮ることが必要ですが、そのためには、十分に息を吸い、息を止めた状態で撮影することが大切です。

CT検査

胸部CT検査は肺がんの検査として欠かせない検査です。

CT検査はX線検査を発展させたもので、さまざまな方向から連続してレントゲン写真を撮影し、その情報をコンピュータで解析することで、体の輪切りや立体的な像を撮ることができます。がんの大きさや場所、リンパ節転移の有無など、X線検査よりも多くの情報が得られます。

MRI検査

MRIは、磁気の力を利用することで、体の内部を画像化する検査です。

肺がんの検査では、主に脳転移や骨転移の状態を知るために行われます。CT検査と比べて検査時間が長く、検査中は大きな音がします。

また、磁力を利用するため、検査室への金属(装飾品の他、眼鏡や入れ歯など)の持ち込みは禁止されており、ペースメーカーなど体内に金属を入れている人は検査できません。

骨シンチグラフィー

骨への転移を調べるアイソトープ(放射性物質)を用いた検査です。放射性物質を目印として付けた薬を静脈に注射して、その取り込みの分布を調べます。この薬は骨の代謝が活発な部分(炎症を起こしている部分や骨折している部分など)に集まる性質があり、がんが転移した部分もわかります。

PET

PETは、アイソトープ(放射性物質)を目印として付けたブドウ糖を静脈に注射し、その取り込みの分布を撮影することで全身のがん細胞を検出する検査です。がん細胞は分裂増殖が盛んなため、正常な細胞よりも多くのブドウ糖を必要とします。そのため、ブドウ糖に放射性物質を付けた薬を注射すると、がん細胞に薬が集まり、どこに薬が集まっているかをみることでがん細胞があるかどうかを知ることができます。

【監修】日本医科大学付属病院 がん診療センター長 教授 久保田 馨先生

ページの先頭へ戻る