肺がんを学ぶ~先生のインタビュー~ / がんと立ち向かうために必要な情報と入手方法

~先生のインタビュー~がんと立ち向かうために必要な情報と入手方法

中西洋一先生

中西洋一 先生

九州大学大学院
呼吸器内科学分野教授
日本呼吸器学会理事
日本肺癌学会常任理事/肺がん医療向上委員会委員長

動画を見る

私たちの立場として、患者さんやそのご家族に是非ともお伝えしたいことは、がんは決して愉快な病気ではありませんし、簡単な病気ではありませんが、まずはどんなものかという情報をしっかりと収集して、立ち向かっていただきたいということです。決してこれは、がんと戦えということではないけれども、自分にとっての敵はまず全体像を見ないと、きちんとした戦いができないと思っています。まだまだ十分な情報を日本のいろいろな組織が提供できるには至ってないかもしれませんけれども、是非ともそういったがんの情報をきちんと収集していただくことが大事ではないかと思っています。

例えば、実際にがんになってしまった方にとっては、日本のがん拠点病院等には「がん相談支援室」が置かれていて、そこには看護師や医師、あるいは臨床心理士等のがんに精通した、そしてがんの情報をできるだけ分かりやすく伝える立場の人がいますので、そういったところを活用していただいて、まず敵を知る、その上でどうするかをお考えいただければありがたいと思っています。

今はインターネットの時代で、いろいろな情報が本当に氾濫していると思います。残念ながら、困った情報もたくさん流れています。そんな中で、より良い情報、より正しい情報を取捨選択するのは大事かと思っています。

全ての情報源を十分に精査しているわけではありませんが、現時点できちんとしたことを出していると思っているものは、国立がんセンターがん研究センターが出されている情報です。それから、NPO法人の西日本がん研究機構が、患者さん向けのガイドラインをWEBサイトから取れるようにしていますし、日本肺癌学会もこれとリンクしていますので、その一部が提供されているかと思います。個別の薬に関しては、臨床試験のグループあるいは国の研究機関は、出しにくい状況があります。したがって、そういったものについては、企業等が出している患者さん向けのサイトも参考になるかもしれません。

中西洋一先生

中西洋一 先生

九州大学大学院
呼吸器内科学分野教授
日本呼吸器学会理事
日本肺癌学会常任理事/肺がん医療向上委員会委員長

動画を見る

動画を見る

ページの先頭へ戻る