肺がんを学ぶ~先生のインタビュー~ / 自分に合った治療のためにまずは遺伝子検査から

~先生のインタビュー~自分に合った治療のためにまずは遺伝子検査から

がん医療の分野は「遺伝子診断」という言葉が良くきかれますが、最近、肺がんの分野でも「遺伝子診断」によって特定の遺伝子の異常を確認し、治療を選択する個別化医療が進んできています。

ここでは日本における「遺伝子診断」の重要性や先進性について、九州大学大学院教授の中西先生から、また、EML4-ALKという肺がんを引き起こす融合遺伝子を発見した間野先生に、肺がんの個別化医療の意味や意義についてお伺いしました。

遺伝子検査の日本の先進性とは?

中西洋一先生

中西洋一 先生

九州大学大学院
呼吸器内科学分野教授
日本呼吸器学会理事
日本肺癌学会常任理事/肺がん医療向上委員会委員長

実は今、肺がんの患者さん、とくに進行期の肺がん患者さんでは薬物療法が中心です。

どうすれば本当にその方に最も有効な、しかも安全な薬を提供できるかが非常に有用になってくるのですが、日本は元々上皮成長因子受容体の遺伝子異常が多いということもあって、世界で唯一、保険診療でそれが認められている国です。

したがって、大半の肺がんの患者さんはその検査を保険診療の中で受けて、最適医療が受けられる環境にあります。

日本肺癌学会が出した『肺癌診療ガイドライン』というのは、「世界に先駆けてまずこの遺伝子診断をいたしましょう、その上で治療選択をしましょう」ということを発信したということもあります。これはおそらく世界に対する貢献の一つだろうと思っています。

中西洋一先生

中西洋一 先生

九州大学大学院
呼吸器内科学分野教授
日本呼吸器学会理事
日本肺癌学会常任理事/肺がん医療向上委員会委員長

遺伝子検査をしてから始める治療の意義

間野博行先生

間野博行 先生

東京大学大学院医学系研究科
分子細胞生物学専攻
生化学·分子生物学講座
細胞情報学分野 教授

今までは、「肺がんのこういう病理型、例えば肺腺がんだから、こういったお薬を使いましょう」、「胃がんだから、こういったお薬を使いましょう」ということで、基本的にはがんの治療薬は、がんがどういう臓器で起きたかという情報を基に、あるいはそれに病理型を足した情報を基に、薬が選択されていたと思います。それが今まさに、パラダイムシフトを起こしつつあります。

そのがんはどういう遺伝子異常によって起きているかという情報が、薬を選ぶ上で最も重要な情報になる時代に、我々は今まさに入っていっているところだと思います。EGF受容体の阻害薬とかALKの阻害薬は、その先鞭を告げる非常にいい例だったと思います。

これから、こういう遺伝子異常とそれにペアとなるお薬が、次々とおそらく生まれてくるだろうと思います。それが増えれば増えるほど、いかに原因遺伝子を診断することが医療の極めてコアな(重要な)部分になるということを、我々は認識しないといけないと思います。

それこそが、がんの個別化医療だと思います。個人個人のがんが、どういう遺伝子異常によって起きているのかに応じて薬を選択する時代に、まさに今入っていっているところだと思います。

特定の遺伝子異常を持つ人だけを選んで、その方々にお薬を使うということは、大きく3つの意義があると思います。もちろん第一は、本来救われるべき人に適切なお薬を投与してその患者さんを救うこと。第二に、これも極めて重要ですけれど、本来使っても効くはずのない人に薬を投与して、不要な副作用でその人達を苦しめないこと。第三に、選択された患者さんだけに使うことによって、医療行政上も国のコストを大幅に減らすことができると思います。ですから、こういった本質的な発がん原因とそれにカップルされるお薬という組み合わせは、今の3つの面で必要欠くるべからざるものになるだろうと思います。

間野博行先生

間野博行 先生

東京大学大学院医学系研究科
分子細胞生物学専攻
生化学·分子生物学講座
細胞情報学分野 教授

ページの先頭へ戻る

市民公開講座のご案内

『肺がんを学ぶ~目指せ患者力アップ!~市民公開講座』のご案内(参加無料、事前申込制)

今後このお知らせを表示しない

閉じる