肺がんを学ぶ治療法の選択 / 小細胞肺が

肺がんの治療法の選択小細胞肺がん

小細胞肺がんは、増殖が速く転移しやすいため、早期発見は困難で手術だけでは再発しやすいことが知られています。

一方で、他のタイプの肺がんよりも抗がん剤や放射線治療に対する反応が良く、併用化学療法が治療の基本です。

がんが胸部にとどまる場合は放射線治療も組み合わせて行います。また小細胞肺がんではI~IV期の病期分類以外に限局型、進展型に大別して治療方針を決めることがあります。

一般的な病期別治療法は以下のようになります。

小細胞肺がんの治療方針

図内のⅠA期~Ⅳ期の各病期をクリックすると、説明箇所へジャンプします。

大きいサイズで見る

※限局型のなかでもごく早期(Ⅰ期)の場合には手術と抗がん剤による治療を組み合わせて行うことがあります。

限局型

小細胞肺がんは転移しやすいため、手術は行わずに放射線治療に抗がん剤による治療を組み合わせて行います(化学放射線療法)。

なお、ごく早期の患者さんでは、手術でがんを取り除いてから抗がん剤による治療(術後化学療法)を行うことがあります。

進展型

進展型では、全身に効果のある抗がん剤による治療を行います。また、抗がん剤による治療と共に、症状を改善する治療(緩和医療、緩和ケア)を行って、患者さんが苦痛なく過ごせるようにします。

【監修】日本医科大学付属病院 がん診療センター長 教授 久保田 馨先生

ページの先頭へ戻る