肺がんを学ぶ治療法の選択 / 再発

肺がんの治療法の選択再発

再発とは、治療により目に見える大きさのがんがなくなった後、再びがんが現れることをいいます。同じ再発であっても患者さんによって状況は異なるため、それぞれの患者さんにあわせて治療や対応の方法を決めていきます。

抗がん剤による治療が難しい場合には、がんそのものではなく、症状を改善する治療(緩和医療、緩和ケア)を行って、患者さんが苦痛なく過ごせるようにします。

非小細胞肺がんの再発

再発の多くは、最初に治療した段階ですでに目に見えない転移が起きており、それが大きくなって目に見えるようになったと考えられています。そのため、Ⅳ期の治療に準じて抗がん剤による治療を行うことが一般的です。ただし、再発した場所や症状によっては、手術や放射線治療を行う場合もあります。

小細胞肺がんの再発

小細胞肺がんが再発したあとに行う治療に関しては、最初に行った抗がん剤による治療の効果や、再発までの期間を参考に、どの抗がん剤で治療を行うか決めていきます。

【監修】日本医科大学付属病院 がん診療センター長 教授 久保田 馨先生

ページの先頭へ戻る