肺がんを学ぶ治療と副作用 / 外科療法

肺がんの治療と副作用外科療法(手術)と副作用

肺がんの手術は、肺にできたがんを完全に取り除くことを目的に行われます。手術は治療効果の高い方法ですが、切除する範囲が大きい場合は、手術のあと息切れなどが起こることがあり、手術によって患者さんの状態がかえって悪化してしまうと考えられる場合は、手術以外の方法を検討します。

肺は大きく右肺うはい左肺さはいにわかれていますが、右肺はさらに3つ(上葉じょうよう中葉ちゅうよう下葉かよう)、左肺は2つ(上葉、下葉)の肺葉はいようにわかれています。

通常は、がんが含まれている肺葉の切除(肺葉切除)、もしくは片側の肺全ての切除(片肺全摘かたはいぜんてき)を行います。ただし、患者さんの体力が通常の手術には耐えられないと考えられる場合や、早期のがんの場合には、肺葉の一部のみを切除することもあります(縮小手術)。また、ほとんどの手術でリンパ節を切除し(リンパ節郭清りんぱせつかくせい)、がんがリンパ節に転移しているかどうかを調べます。

外科療法

外科療法の副作用

肺がんの手術では肺の一部を切り取るため、手術後に痛みが出たり、たんが増えたり、肺の働きが低下して息切れを起こしやすくなったりします。特に、喫煙している方は痰の量が多く、手術後につらい思いをするだけでなく、肺炎を起こしやすくなるため、必ず禁煙しましょう。また、口腔ケアを行って清潔に保ちましょう。手術の前から腹式呼吸の練習をしたり、積極的に体を動かして体力をつけたりしておくと、手術後の息苦しさをやわらげることができます。

肺がんの手術後にみられる主な合併症(術後合併症)

肺炎

手術の後は痰が増加しますが、呼吸機能の低下や痛みなどによって痰が出しづらくなります。加えて、手術後には免疫力が低下しているため、肺炎になりやすい状態になっています。特に、喫煙している方は痰が多くなるため、すぐに禁煙することが、肺炎の予防のために大切です。

歯科受診をして口腔ケアの指導を受けること、また、手術前から腹式呼吸などの呼吸リハビリテーションを行っておくことも有効です。

肺瘻はいろう

肺切除を行う際に、正常な肺の一部に切り込みを入れることがあり、手術後にこの部分から空気が漏れることがあります。これを肺瘻と呼びます。

切り込みを入れた部分は、漏れがないかを確認しながら閉じるのですが、手術後に肺が十分に膨らんだ時や、咳をするなど肺に強い圧力がかかった場合などに、空気が漏れ出すことがあります。

通常は漏れている部分が数日で自然にふさがるのですが、なかなか漏れがとまらないことがあります。いつまでも空気が漏れたままだと、漏れた空気から細菌に感染して胸膜炎になることがあります。

通常は、胸膜を癒着させる薬剤などで漏れが止まりますが、どうしても止まらない場合には再手術が必要なこともあります。

気管支断端瘻きかんしだんたんろう

肺切除を行う際には、気管支を切断する必要があります。

切断した気管支は縫い合わせて空気が漏れないようにしますが、まれに手術後に穴が開いてしまうことがあります。

この穴から肺と胸壁の間に空気や痰が入り込み、細菌に感染して膿が溜まることがあります(膿胸)。

また、それを再び吸い込んで肺炎になることもあります。気管支断端瘻が発生した場合には、もう一度穴をふさぐ手術の必要があるかを検討します。

声のかすれ(嗄声)させい

肺がんの手術で切除(郭清)かくせいするリンパ節のすぐ近くに、反回はんかい神経という神経があります。

この神経は声を出すのに必要な声帯を動かす神経なのですが、リンパ節をきれいに郭清する必要があるため、反回神経が麻痺することがあります(反回神経麻痺)。

反回神経麻痺が起こると、声帯が十分に閉まらないため、声がかすれて出にくくなります。また、飲み込んだ水や食べ物が気管に入ってしまい、むせたり肺炎になったりすることがあります。

通常は3~6ヵ月程度で自然に回復しますが、治らない場合には耳鼻科で治療を行うことがあります。

肺梗塞、脳梗塞、心筋梗塞

肺梗塞、脳梗塞、心筋梗塞は、いずれも足などの血管の中でできた小さな血のかたまりが流されて、肺や脳、心臓の血管を塞いでしまうことで起こります。

肺がんの手術中や手術後には長時間体を動かさないでいるため、血行が悪くなり、血のかたまりができやすくなります。

また、動脈硬化が進んでいる患者さんは血管が狭くなっており、血のかたまりもできやすいため、脳梗塞や心筋梗塞を起こしやすくなります。

肺梗塞、脳梗塞、心筋梗塞が起こることはまれですが、後遺症を残したり、命に関わることもある重大な合併症です。

これらの合併症を起こす可能性が高い患者さんには、足のマッサージ器を使用して血行をよくしたり、血液がかたまりにくくなる薬を使用して予防します。

【監修】日本医科大学付属病院 がん診療センター長 教授 久保田 馨先生

ページの先頭へ戻る

市民公開講座のご案内

『肺がんを学ぶ~目指せ患者力アップ!~市民公開講座』のご案内(参加無料、事前申込制)

今後このお知らせを表示しない

閉じる