pNET(膵神経内分泌腫瘍)pNET Q&ApNETと診断されたら / どんな症状がありますか?

pNET Q&Aどんな症状がありますか?

pNET(膵神経内分泌腫瘍)はホルモン特有の症状がみられる「機能性pNET」と、そのような症状がみられない「非機能性pNET」に分けられます。なお、非機能性pNETでは、腫瘍が大きくなった場合には、周囲の臓器を圧迫することにより腹痛などの症状がみられます。
悪性度については、約90%が良性であるインスリノーマを除くと、悪性度や転移の可能性は決して低くありません。

以下に、それぞれのpNETの主な症状についてまとめます。

機能性

腫瘍名 主な症状
インスリノーマ
(インスリン)
低血糖症状(冷汗、動悸など)、意識障害など
ガストリノーマ
(ガストリン)
胃・十二指腸潰瘍、嘔吐・下痢など
グルカゴノーマ
(グルカゴン)
壊死性遊走性紅斑(えしせいゆうそうせいこうはん)(低アミノ酸血症が原因と考えられる、水疱やびらんなどの皮膚症状)、体重減少など
ソマトスタチノーマ
(ソマトスタチン)
胆石症、脂肪便・下痢など
VIPオーマ
(VIP)
水様性下痢、低カリウム血症など

非機能性

非機能性pNET 上部腹痛、背部痛、下痢など

( ):原因となるホルモン
高野 幸路:“Ⅲ.臨床診断 1.臨床症状” 膵・消化管神経内分泌腫瘍(NET) 診断・治療 実践マニュアル 今村 正之総監修 第1版 総合医学社:24,2011

ページの先頭へ戻る