pNET(膵神経内分泌腫瘍)pNET Q&ApNETと診断されたら / 膵臓がんとはどう違うのですか?

pNET Q&A膵臓がんとはどう違うのですか?

pNET(膵神経内分泌腫瘍)と膵臓がんは別の病気で、予後は大きく異なります。膵臓がんは、進行が早く非常に予後が悪いことが知られています。一方、pNETの進行速度は、ほかの腫瘍に比べると比較的ゆっくりで、悪性度は腫瘍の種類によってさまざまです。
膵臓がんとpNETの悪性度について、分かりやすい比較で言えば、pNETでは遠隔転移を有する5年生存率は39%という報告があるのに対し、膵臓がん全体の平均5年生存率が約5~6%と言われています。

ページの先頭へ戻る