pNET(膵神経内分泌腫瘍)pNETについて / pNETって何?

pNETについてpNET(膵神経内分泌腫瘍〈すいしんけいないぶんぴつしゅよう〉)って何?

pNET

pNETは、膵臓の内分泌細胞、つまりホルモンを作る細胞の腫瘍です。同じ膵臓の腫瘍でも、一般的に言われる膵臓がんとは別のタイプのがんで、症状や悪性度は大きく異なります。
pNETは、ホルモンが異常に分泌されることで症状が引き起こされ、その症状や悪性度は分泌されるホルモンによって異なります。中にはホルモン症状を示さないものもあります(pNETの症状に関する詳しい情報は、pNET Q&A Q2 どんな症状がありますか?をご覧ください。)
また、pNETは非常に珍しい病気で、日本では1年間に10万人あたり約1人の割合で発症するといわれています。

監修:愛知県がんセンター中央病院 消化器内科部 部長
山雄 健次 先生

ページの先頭へ戻る