RCC(腎細胞がん)腎がん闘病記どうして自分だけががんなんだろう

腎がん闘病記どうして自分だけががんなんだろう

藤本いづみさん(48 歳、看護師) ふじもと いづみ 1962年生まれ。准看護師を経て、23歳のときに看護師になる。2009年、ステージ3bの腎がんが判明し、右の腎臓と副腎を全摘。肺転移の治療のため、サイトカイン療法を行った後、現在も分子標的治療を継続している。「天職」と自認する看護師の仕事と、親しい仲間とのテニスが治療の原動力だとか。

どうして、自分だけががんなんだろう

「サイトカイン療法で、がんを寛解※に持ち込めるかもしれない」と期待していたのに、病状は進行していた。せっかくのつらい治療も無駄なのでは……という空虚感に苦しめられました。

(私なんか、生きている価値がない)

惨めな思いで一杯になり、仕事中もよく泣いていました。

あるC型肝炎の患者さんと出会ったのは、そんな時期でした。その患者さんは、病状が進んで肝臓がんを発症したのです。

「つらくないですか?」と聞く私に、その方はこう言いました。

「できることは何でもしないとね。たとえ治療が効かなかったとしても、それはマイナスじゃない、ダメもとなんだから」

その言葉は、すっかり落ち込んでいた私の心に突き刺さりました。

(ああ、その通りだ、今やっている治療は無駄ではないんだな)――と、本当に励まされる思いでした。

その出会いがきっかけとなり、私は外に目を向けるようになりました。患者会「女性腎がんの会」に入会し、国立がんセンター(現・国立がん研究センター)の「患者・市民パネル」にも登録しました。「どうしたら病気を治していけるのか」という方向に、気持ちを切り替えることができたのです。

しかし、翌年2月のCT検査では、さらに衝撃的な結果が待っていました。肺の腫瘍が13ミリに増大していたのです。

「これは、今の薬剤が効いていないね。別のサイトカインにするか分子標的薬※にするか、どちらか考えて決めてください」

主治医にそう言われ、ショックのあまり、その場で失神してしまいました。普段は気丈な私のそんな反応に先生もビックリしたらしく、それからは以前にも増して優しく接してくれるようになりました。

「藤本さんは何も心配しなくていいよ。病気のことは我々に任せていいからね」

それまでは診察中もパソコンのデータに集中して視線を合わせることが少なかった先生が、この出来事を境に、何かと気遣ってくれるようになったのです。それは、専門医の先生に対しても心のよりどころを何とか求めようとしていた私にとっては、うれしい誤算でした。

サイトカイン療法から分子標的治療へ

10年4月から、新しいサイトカインによる治療が始まりました。週3回投薬を続けましたが、この治療は効き目がありませんでした。6月のCT検査では、肺の腫瘍はなんと2センチにまで増大していたのです。私がとるべき道は、もう分子標的薬しか残されていませんでした。

正直言って、分子標的薬を使うことには気が進まなかったのです。手足症候群※の副作用で、テニスができなくなるのがいやでしたから。そのことをテニス友達に相談すると、こう諭されました。

「そんなことを気にしてる場合じゃないでしょ。子供や仕事、趣味のことより、自分の治療を優先するべきだよ。迷ったときは、勇気がいるほうを選ぼう」

なかには、熱心に代替療法を勧めてくれる友人もいました。でも、自分にできる治療があるなら、まずそれをやるべきではないか――そう思い、分子標的薬の治療を選択したのです。

こうして分子標的治療が始まったのですが、11日目に徐脈症状※が出て、投薬を中止することに。検査の結果、心筋症を併発していることがわかりました。甲状腺機能低下もあり、別の分子標的薬に切り替えることになったのです。

まだまだ手の内はたくさんある

8月上旬から、第2の分子標的薬の服用を開始。でも、3週目ごろには副作用の手足症候群が悪化し、歩けなくなってしまいました。圧力がかかる手足の部位が硬くなり、そこがひどく痛むのです。苦しむ私に、主治医がこう言いました。

「体が薬に慣れてくれば、副作用は軽くなる。『肉を切らせて骨を断つ』というのかな。これも腫瘍をやっつけることが目標だからね」

副作用対策としては、皮膚科で処方されたステロイド薬を塗布し、ヒールの高い靴を履かないようにしました。主治医が言った通り、手足症候群の症状に悩まされたのは最初の3カ月ぐらい。今はもうこの症状にも慣れて、週2回ほどテニスも楽しんでいます。脱毛は今は少し落ち着いていますが、下痢止めが欠かせないのが悩みの種です。

この分子標的薬による治療は、今のところ一定の効果を示しています。検査の結果、肺にある大きめの腫瘍のサイズは変わらず、10カ所以上あった腫瘍のうち、小さいものは消えていることがわかりました。今回の薬は「効いている」と考えられ、現在も治療を継続中です。

「今の薬が効きにくくなっても、薬の量を1回2錠から4錠に増やすという手もあるし、腎がんに効く、ほかの分子標的薬もある。まだまだ手の内はたくさんあるから動じることはないよ」

主治医は、そう励ましてくれています。腎がんの治療薬がなかった3、4年前と比べると、今は毎年のように良い薬が承認されており、治療の選択肢が広がる傾向にあるそうです。とはいえ、今服用している薬は休薬期間がなく、飲み続けなければならないのがつらいですが……。

次のページへ心の持ちようひとつで人は変われる

  • ※寛解 = 病気による症状が好転または、ほぼ消失し、臨床的にコントロールされた状態
  • ※分子標的薬 = 体内の特定の分子を標的にして狙い撃ちする薬
  • ※手足症候群 = 抗がん剤の影響で手足の皮膚の細胞が障害され、手足に炎症や痛みが集中的に起こる副作用
  • ※徐脈 = 不整脈の一種。成人の安静時心拍数は一般に毎分50~70回だが、30~40回を徐脈と定義される。脳に必要な血液を送ることができなくなるため、めまい、失神、ふらつきなどが生じる
  • ※分子標的薬によっては、血液毒性(赤血球、白血球、血小板の減少)、甲状腺機能の低下、高血圧、手足症候群などが起こりうる

ページの先頭へ戻る