RCC(腎細胞がん)腎がん闘病記肺の転移巣が大きくなり分子標的治療へ

腎がん闘病記肺の転移巣が大きくなり分子標的治療へ

荒屋真二さん(61 歳、元大学教授) あらや しんじ 1949年生まれ。大学卒業後、電気会社の研究所に勤務。その後、大学助教授(現在の准教授)を経て、教授に。2006年、左腎がんが発覚、左の腎臓と副腎を全摘。肺転移の治療のため、サイトカイン療法を行った後、現在は分子標的治療を実施。2011年3月には大学教授を退職し、今後は趣味の写真や絵画などを再開する予定。

肺の転移巣が大きくなり分子標的治療へ

しかし、約1年半後の2010年11月、肺の転移巣が大きくなったことがわかりました。ただし、これまた幸いなことに、最初の治療から4年たち、分子標的薬が健康保険で使えるようになっていました。

今はその1つを服用中ですが、今回も薬がよく効き、副作用も少なめで、比較的穏やかに過ごしています。腎がんの分子標的薬は、現在4種類※が認可になり、まもなくさらに2種類が認可になると聞いています。

今の薬が効かなくなったら違う分子標的薬に替えてもらおうと思っていますが、こうして少しずつ命を延ばし、その間にも新しい薬が開発されれば、かなり長くがんと共存できるのではと、淡い希望を抱いています。

精神的な落ち込みから抜け出そうと

こうお話しすると、いかにも上手にがん治療を乗り切っているようですが、実際には肉体的にも精神的にも大きく揺れる4年間でした。

そもそも、最初に手術を受けたときから、気持ちの落ち込みは激しいものでした。まず、術後に集中治療室にいた2日間はお腹の痛みがとれず、強い鎮痛剤でも改善しませんでした。そうした中、たまたま、「血尿が尿管に詰まっている」という夢を見たのです。正夢でした。実際に詰まった管を掃除したところ、すーっと痛みが消えたのです。

退院後は夏場で食欲も出ず、精神的にも落ち込み、「このまま痩せて死ぬんだ」と絶望的な気持ちになりました。「このままではいかん」と自分で近所の心療内科に行き、精神安定剤や食欲の出る薬をもらいました。すると、食欲不振も落ち込みも軽くなり、元気が出てきました。

子供たちが「お父さん、元気になったのだから旅行に行こう」と誘ってくれて、上の2人の息子と北海道旅行に行くこともできました(3人目の息子は中学生だったので留守番でした)。

主治医とのコミュニケーション

B総合病院のように大きな病院では仕方がないかもしれませんが、短期間で主治医が変わってしまったことも、気持ちが落ち込んだ原因の1つかもしれません。治療は一貫してB総合病院で受けていますが、今まで主治医が3人変わりました。最初の主治医は、腎臓がんの専門医だった影響もあるのかもしれませんが、「早くサイトカイン療法を受けたほうがいいのでは?」と、セカンドオピニオンにはあまり積極的ではありませんでした。

2番目の主治医は、腎がんをとくに専門にしているわけではないようでしたし、現在かかっている3番目の主治医はこれまでの主治医と比べるととても若い医師です。

このように短期間の内に主治医が変わってしまうと、新しい主治医とのコミュニケーションにも少し時間がかかったり、聞きたいこともあまり聞くことができなくなってしまったりするのです。

主治医とコミュニケーションを十分に行うことは、精神的にとても大きいことだと思います。

知らないのが怖い。そのため猛勉強

自分が病気になってから、がんに関する勉強は必死でしました。もともと私は中学生のころから予習が得意なタイプだったので、「調べてから臨む」と落ち着きます。逆に、知らないと怖いのです。

今はインターネットや患者仲間から情報がたやすく手に入りますから、何でも調べます。インターネットで入手できる研究論文まで読みます。

再発後はサイトカイン療法について勉強しました。肺転移が大きくなったときは、分子標的薬について猛勉強しました。正直、「4種類の薬をどの順番で、どのくらいの用量で使うと自分にあうか」というところまで、おおよそは理解できているのではないかと思います。主治医に聞いたら、私の考えとだいたい同じだったので、ほっとしています。

素人なりに「次はこの薬だろう」というのが「予習」できているので、今の薬が効かなくなっても、比較的冷静に受け止められると思います。

次のページへ大学を辞める日

  • ※現在(2011年4月現在)、腎がんの分子標的薬としては、4種類の薬剤が認可されている。主に細胞表面にあるVEGF受容体の情報伝達経路をブロックして、がんの血管が作られないようにするチロシンキナーゼ阻害薬と、mTOR阻害薬という種類の分子標的薬に分類される

ページの先頭へ戻る