がんを学ぶトップ種類別がん情報RCC(腎細胞がん)腎がん闘病記腎がんと言われても、希望を失わなかった

腎がん闘病記 腎がんと言われても、希望を失わなかった

鈴木陽子さん(66 歳、通院中)
すずき ようこ 2008年5月、末期の腎がんと肺転移が見つかり、医師から手術困難と言われる。2010年1月より分子標的薬による治療開始。右腎臓にあった大きながんが壊死し、2010年6月、右腎臓を全摘出。定年となる2010年まで奉仕団体に勤める。在職中は、翻訳のほか、国内外で多忙な活動をした。

腎がんと言われても、希望を失わなかった

風邪だと思って病院を受診したら、医師から突然がんの宣告。
しかも手の施しようがない、という。
そんな中でも彼女は、絶望しなかった。
前向きにプラス思考で新しい薬物療法に取り組んだら、〝奇跡〟が起きた。

〝奇跡〟が起こった

「あなたは楽しいことばかり考えているから元気なんですね。そうでなければ説明がつかない」――私を最初に診察した医師の1人が、元気そうな私の姿を見て言いました。そうなのかもしれません。というのも、私自身は自分がそんなに深刻な状態だと実感したことがなかったのですから――。腎臓にがんが見つかっても、自分が今できることをしようと思っていました。

私の右側の腎臓にがんが見つかったのは、今から3年ほど前。2008年5月のことでした。

いきなり「ホスピスへ」と告げられた

その日、なんとなく風邪気味で悪い咳が長く続いたため、近くの病院を訪ねてみました。診察前は、薬を処方してもらって1日休めば、すぐに良くなるだろうと気軽に考えていたのです。ところが内臓のレントゲン検査を受けた後、医師から思いもかけない言葉が返ってきました。

「手術するよりホスピスに入所したほうがいいでしょう」

そういってその医師はホスピスへの紹介状を書き始めたのです。

風邪の治療を受けに来たところへ、いきなりホスピスといわれて信用できるはずもありません。そんなに簡単に結論を出せるのだろうか、と半信半疑でした。

そこで詳しく話を聞くと、右側の腎臓が末期のがんに冒されているとのこと。腎臓全体にがんが広がっているといいます。風邪の症状はそのがんが同じ右側の肺に転移しており、そのために胸水がたまったことで現れているというのです。

後で聞くと、検査後にその病院に呼ばれた姉や弟は、私の余命は1カ月、よく持って3カ月と聞かされていたそうです。

もっともその話を聞いても、私はまだ信じられませんでした。

というのは、私はずっと以前、まだ30代だった頃にがんの宣告を受けた経験があります。そのときには、すごく不吉な思いをしました。でも、今回はそうした感じがなかったのです。私は理由もなく自分の直感を信じました。

たしかに風邪のような症状はあるけれど、それを除けば私は健康そのもので、毎日ハードな仕事をこなしています。平日ばかりでなく、土、日曜にも出張する忙しい生活を続けているのです。

こんなに元気なのだから末期がんというのは、きっと何かの間違いに違いない、仮にそうだとしても、きっとよくなるに違いないと勝手に思い込みました。

もっとも医師の話を聞いた後、帰宅しようとすると、「家に帰るのは大変でしょうから、無理は止めなさい」と、同じ医師に足止めされました。そして、そのまま私はその病院に入院することになったのです。

次のページへ利尿剤で水が抜けて症状が回復