RCC(腎細胞がん)腎がん闘病記分子標的薬でがんが壊死した

腎がん闘病記分子標的薬でがんが壊死した

鈴木陽子さん(66 歳、通院中)
すずき ようこ 2008年5月、末期の腎がんと肺転移が見つかり、医師から手術困難と言われる。2010年1月より分子標的薬による治療開始。右腎臓にあった大きながんが壊死し、2010年6月、右腎臓を全摘出。定年となる2010年まで奉仕団体に勤める。在職中は、翻訳のほか、国内外で多忙な活動をした。

分子標的薬でがんが壊死した

そうして薬剤を使い始めて半年が経った頃、医師から「腎臓のがんが壊死したから手術で取り除きましょう」と提案されました。10時間にも及ぶ手術が終わるのを病院で待っていてくれた姉によると、摘出された腎臓はがんの増殖により、通常の3倍もの大きさに膨れあがっていたそうです。新薬が承認されるまで元気であったというのは強運だったのでしょうね。

手術の後も私は分子標的薬や降圧剤、甲状腺の機能を維持するための薬剤を飲み続けながら、健やかな日々を送っています。そのおかげで長年、勤め続けた職場を2010年の定年まで勤めることができ、今は早朝ウォーキングや日本舞踊の稽古、英会話のレッスンとのんびりした毎日を過ごすことができています。

病気と共存しながら生きる

2009年暮れのこと、私は医師に無理なお願いをしました。2010年1月に日本舞踊で国立劇場の舞台にも上がる予定があるので休薬期間を延ばしていただいたのです。医師には「踊りと命とどちらが大切なのですか」と呆れられました。でも私はそのとき、心の中で問題ない、と思っていました。

私の年齢になると100パーセントの健康を望むこと自体に無理があるでしょう。病気と共存しながらも、もっと元気になったら、これから何ができるか、考えていきたいと思っています。もちろん悪くなったときの心の備えも必要でしょう。ですが、医学の限りない進歩を信じています。

亡くなった両親も私を守ってくれるでしょうし、友人知人が私の全快を祈ってくれるでしょう。くよくよすることなどないと思っています。

ページの先頭へ戻る