がん患者さんのためのレシピ集鮭とゴロゴロ野菜のチャウダー

鮭とゴロゴロ野菜のチャウダー

栄養(1人分231kcal)
  • たんぱく質:10.7g
  • 食塩:1.7g
症状
  • 食欲不振
  • 下痢
  • 便秘
  • 口内炎

材料(2人分)30分

ジャガイモ 1個
玉ねぎ 1/3個
にんじん 1/5個
アスパラガス 1/2本
生鮭 60g
バター 大さじ1
2カップ
<ホワイトソース>
小麦粉 大さじ2
バター 16g
牛乳 1/2カップ
<調味料>
コンソメ 1/2個
少々
こしょう 少々

作り方

  1. 1ジャガイモは、1cm角に切って水に放つ。玉ねぎ、にんじんは皮をむき、1cm角に切る。
  2. 2アスパラは、塩(分量外)を入れたお湯で下ゆでしておく。
  3. 3生鮭は皮と小骨を取り除き、一口大に切って塩・こしょうをし、表面にうすく小麦粉をつけておく。
  4. 4フライパンにバター大さじ1を熱し、③の生鮭を両面色よく焼き、取り出す。
  5. 5<ホワイトソース>を作る。鍋にバターを入れ弱火で溶かし、木べらで混ぜながら小麦粉を加えていく。小麦粉とバターが混ざって、なめらかにツヤがでたところで火を止め、牛乳を少しずつ加えながらとろみがつくまで弱火で加熱する。
  6. 6鍋に油(分量外)をひき、①のジャガイモ、玉ねぎ、にんじんを炒め、水とコンソメを加える。
  7. 7⑥の野菜に火が通ったら⑤のホワイトソースを加え、混ぜ合わせる。
  8. 8塩、こしょうで味をととのえ、④の鮭と②のアスパラを加えてできあがり。

ワンポイントアドバイス

ホワイトソースは市販の缶詰を、また、鮭の代わりにあさりの水煮缶、えび、ホタテ、ウィンナーやハムを使用してもいいでしょう。
鮭を最初から入れると煮崩れてしまうため、最後に入れて味をなじませます。
牛乳を入れる前の小麦粉とバターを炒めた状態のものなら保存がきくため、多めに作っておいてもいいでしょう。保存期間は冷蔵庫で1ヵ月ほどです。
えびや鮭の赤い色素はアスタキサンチンが含まれ抗酸化作用があり、免疫力の向上を期待されています。

【監修】聖路加国際病院 栄養科 管理栄養士・日本糖尿病療指導士 病態栄養専門師 松元紀子 先生

ページの先頭へ戻る