がん患者さんのためのレシピ集長芋のぴり辛味噌だれ

長芋のぴり辛味噌だれ

栄養(1人分82kcal)
  • たんぱく質:2.7g
  • 食塩:0.9g
症状
  • 食欲不振
  • 便秘

材料(2人分)20分

長芋 1/3本
<味噌だれ>
味噌 大さじ2
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ2/3
豆板醤 少々

作り方

  1. 1長芋は皮をむいて3~4センチの輪切りにし、しばらく酢水(分量外)にさらしておく。
  2. 2①の長芋を、串が通るまで中火で10分ほど蒸す。
  3. 3<味噌だれ>を作る。鍋に味噌、砂糖、みりん、豆板醤を入れ、弱火で照りがでてくるまで5分ほど加熱する。味噌が固すぎるようならみりんの量を増やして調整しましょう。
  4. 4②の長芋に③の味噌だれをかけてできあがり。

ワンポイントアドバイス

長芋のサクサク感が心地よいメニューです。変色防止のために皮むき器でむいたら酢水に漬けておきましょう。
長芋がとろろのように生で食べられるのはでんぷん分解酵素ジアスターゼを大根の3~4倍含んでいるためです。ジアスターゼは胃腸の調子を整えて、胃もたれや胸やけなどの症状を緩和する働きや、胃炎や胃潰瘍などの予防にも効果があるとされています。

【監修】聖路加国際病院 栄養科 管理栄養士・日本糖尿病療指導士 病態栄養専門師 松元紀子 先生

ページの先頭へ戻る