がん患者さんのためのレシピ集焼き茄子と海老のジュレ

焼き茄子と海老のジュレ

栄養(1人分24kcal)
  • たんぱく質:3.0g
  • 食塩:0.9g
症状
  • 下痢
  • 高血圧
  • 便秘
  • 口内炎

材料(2人分)20分

なす 2個
えび(殻つき) 2尾
酒・しょうが汁 各少々
だし汁 1カップ
薄口醤油・みりん・酒 各大さじ1
少々
粉ゼラチン 4g
大さじ1

作り方

  1. 1だし汁に薄口醤油、みりん、酒、塩を加え、味をととのえる。半量はなすを煮るとき、残りは煮こごりに使う。
  2. 2粉ゼラチンは水でふやかしておく。
  3. 3なすは焼き網またはグリルで両面を十分に焼き、皮をむく。鍋に半量の①のだし汁とともに入れて火にかけ、味を煮含め、鍋ごと冷やしておく。
  4. 4えびは殻をむいて背わたをとり、酒をふって電子レンジ(600W)で1分加熱し、酒蒸しにし、しょうが汁をかける。
  5. 5残りの①のだし汁を沸騰させないように温め、②のゼラチンを加えて溶かし、冷蔵庫で冷やし固める。
  6. 6器に食べやすく切った③のなすと④のえびを盛る。その上にフォークでクラッシュした⑤のだしゼリーをかけたらできあがり。

ワンポイントアドバイス

おろししょうがや、おかか以外の冷たい食べ方です。なすのほうに濃い目の味付の方がバランスが良くなります。なすに含まれるコリンは胃液の分泌作用があります。

【監修】聖路加国際病院 栄養科 管理栄養士・日本糖尿病療指導士 病態栄養専門師 松元紀子 先生

ページの先頭へ戻る