通院治療と在宅療養薬剤師、歯科衛生士、管理栄養士、理学療法士などによる訪問医療サービス

薬剤師の訪問指導

処方された薬を薬局に取りに行くのが難しい場合や薬の管理が難しい場合など、医師の指示により薬剤師が自宅を訪問し、薬を届けてくれたり、服薬の管理や指導を行ってくれるサービスがあります。
例えば、独り暮らしで介護者のいない高齢の患者さんに内服薬を定期的に届けてもらうことができます。また、処方される薬の種類が多く、朝、昼、晩の薬の分別が大変な場合等は、残薬をチェックして飲み忘れの状況を確認したり、おくすりカレンダーに薬を入れたり、服薬のしかたをアドバイスするなど、医師の指示通りの服薬ができるようにサポートします。

歯科衛生士の訪問指導

抗がん剤治療中に、副作用により口内炎ができたりすると、食べるのも話すのもつらくなり、活発な日常生活を送るのが難しくなることがあります。口の中のケア(口腔ケア)は、口腔内の痛みなどを軽減し食事が摂取できるようにしたり、口腔内や入れ歯を清潔にして、虫歯や歯周病の予防、あるいは感染症の予防をするためにも、大切なことです。
こうした口腔ケアが必要なのに、歯科医院に通院困難で指導が受けられない場合、歯科医師の指示により歯科衛生士が自宅を訪問し、歯磨きや口腔内を清潔に保つ方法(口腔清拭法)の指導を行ってくれます。

管理栄養士の訪問指導

がん患者さんの場合、体調の変化や抗がん剤の副作用により食べられなかったり、味覚が変わることがあります。副作用により患者さんの食欲がなく、何を食べたらよいかわからない場合など、医師の指示により管理栄養士が自宅を訪問し、食事の相談に乗ってくれるサービスがあります。
管理栄養士が患者さんの好みや日頃の食習慣を聞いて、ご家族と一緒に無理せず食べられるような調理の仕方やメニューやレシピを考えてくれます。

訪問リハビリ

がんの転移などにより下肢の脱力や麻痺などがある場合、入院中はリハビリ指導を受けていても、自宅に帰ると動く習慣がなくなってしまいがちです。ですが、筋力や身体機能を維持するために、がん患者さんにとって在宅でのリハビリの継続や自分でできる身の回りの動作を増やすことは大切なことです。そんなときサポートしてくれるのが訪問リハビリの理学療法士です。拘縮こうしゅく(関節の動きが悪くなる状態)予防や筋力低下予防のリハビリ指導や、身の回りの動作がしやすい環境整備の手助けもしてくれます。

2014年2月現在の情報を元に作成

【監修】国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院 サポーティブケアセンター/がん相談支援センター 坂本はと恵氏

ページの先頭へ戻る