がん治療の基礎を学ぼうがん薬物療法とは(抗がん剤、分子標的薬など)

がん薬物療法とは、薬を用いて、がん細胞を死滅させたり、がん細胞の増殖を抑えたりする治療のことです。全身療法ともいわれ、手術や放射線のように局所的に行う治療とは異なり、身体全体に薬を巡らせて作用させる治療法です。薬物療法に使われる薬剤には、抗がん剤、分子標的薬、ホルモン剤、免疫賦活(ふかつ)剤などがあります。

化学療法は、抗がん剤を用いてがん細胞を殺傷する治療ですが、がん細胞だけでなく、正常な細胞にも影響が及びやすく、副作用が大きい傾向があります。

分子標的薬は、がん細胞に多く見られたり、がんの増殖に関係したりする分子(タンパク質など)に標的を定めて開発された薬剤です。

ほかに、がんの増殖を促すホルモンを阻害する目的で行われるホルモン療法や、免疫力を高めることでがんの増殖を抑制しようとする免疫療法があります。

化学療法

化学療法は、抗がん剤を用いて、がん細胞を攻撃し、殺傷したり増殖を抑えたりする治療法です。 がんの種類や進行度(病期)、治療歴などによって、用いられる抗がん剤の種類は異なります。複数の抗がん剤を組み合わせて用いることもあります。

抗がん剤を血液を通じて身体のすみずみまで行きわたらせることによって、全身に散らばったがん細胞に作用させることができます。 根治を目指すための治療方法として手術の前後などに用いられるほか、根治が望めない場合でも、QOL(Quality of Life)を維持しながらがんとともにできるだけ長く生きることを目的に用いられます。

がん細胞に対する殺傷能力に優れる一方、腸や皮膚、毛根、骨髄など、活発に増殖する正常細胞にも影響が及びやすいというデメリットがあります。主な副作用に、吐き気・嘔吐、脱毛、骨髄抑制などが挙げられます。 適切な治療や日常生活における工夫でこれらのつらい副作用を和らげることが重要です。

分子標的薬

分子標的薬は、がん細胞に多く見られたり、がんの増殖に関係したりする分子(タンパク質など)に標的を定めて開発された薬剤です。 正常な細胞への影響が少ないとされていますが、薬剤ごとに特徴的な副作用が知られていますので、注意が必要です。 がん細胞に直接作用するだけでなく、がんに栄養を送る血管の新生を阻害する作用を持つものもあります。

研究の進歩により、標的とすべき遺伝子やタンパク質が分子レベルでわかるようになった結果、分子標的薬が登場しました。

代表的なものが、がん細胞の表面に多く存在し、細胞の増殖に関わる上皮成長因子受容体(EGFR)と呼ばれるタンパク質を標的とした薬です。 EGFRを標的とする分子標的薬では皮膚障害など特徴的な副作用が知られており、それらをうまく抑えながら治療を行うことが重要です。

そのほか、HER2(ハーツー)・ALK(アルク)・ROS1(ロスワン)・mTOR(エムトール)・CDK4/6(シーディーケーフォーシックス)・BCR-Abl(ビーシーアールエイブル)・CCR4(シーシーアール)・VEGF(ブイイージーエフ)といった分子を標的とする分子標的薬の開発が進んでいます。

ホルモン療法

ホルモン療法は、がんの成長を促すホルモンの分泌を抑えたり、ホルモンががん細胞に作用するのを抑えたりすることで、がんの増殖を阻害する治療法です。 人間の体内ではさまざまなホルモンが分泌されていますが、がん細胞の増殖に影響を及ぼすホルモンも存在します。 特定のホルモンの作用により活発化するタイプのがんでは、ホルモンの作用を抑えるホルモン剤を投与することで、がんの増殖を防ぐことが期待できます。主に、乳がんや子宮体がん、前立腺がんなどの治療に用いられます。

たとえば、乳がんではエストロゲンというホルモンががん細胞の増殖に影響を及ぼしていることがあります。 乳がんのホルモン療法では、体内のエストロゲンの働きや生成を阻害し、がん細胞の増殖を抑えるホルモン剤が用いられます。 ほてりや発汗などの更年期障害のような症状や関節痛などの副作用が知られています。

免疫療法

がんの治療法として、近年注目されているのが免疫療法です。免疫とは、人体にもともと備わっている機能で、体内の異物を排除し、病気になることから身体を守る働きを持っています。 人の身体では、毎日がん細胞が生まれていますが、通常は免疫機能ががん細胞の増殖を抑えているため、がんを発症しません。 発症したがんでは、がん細胞が免疫機能にブレーキをかけて本来の力を発揮できないようにしていると考えられています。 免疫療法とは、免疫が本来持っている機能を回復させ、がんを抑えようとする治療です。

がん細胞が免疫にかけているブレーキを外す作用を持つ「免疫チェックポイント阻害剤」の有効性が、いくつかの種類のがんで示されています。

免疫チェックポイント阻害剤では、皮膚障害や甲状腺機能障害、神経障害など、さまざまな免疫関連の副作用が報告されており、注意が必要です。

【監修】虎の門病院 臨床腫瘍科部長 高野 利実 先生

ページの先頭へ戻る