肺がんの検査と診断検査の流れ

肺がんの検査にはいくつかの方法があり、目的によってどの検査を行うかが決まります。

まずは、肺がんと診断され、治療を始めるまでにどのような検査が行われるかについて、簡単に説明します。

検査のタイミングと目的

早期発見のための検査※1

肺に異常があるかどうか、痰の中に異常な細胞が含まれていないかどうかを調べるための検査を行います。

主に行われる検査

など

肺がんが疑われたときに行う検査※1

健康診断などで異常が認められた場合に、がんの疑いがあるかどうか、他の病気ではないかどうかについて、より詳しく調べるための検査を行います。

主に行われる検査

など

肺がんの確定診断のための検査※1

がんの疑いがある場合に、病変から細胞や組織を採取してがん細胞の有無を確認し、がんであることを確かめるための検査です。

主に行われる検査

など

がんの広がりを調べるための検査※1

肺がんの広がり方、転移があるかどうかなどについて知り、治療方針を決めたり、治療の効果を予測するための検査です。

主に行われる検査

など

治療薬を検討するための検査※2

主に行われる検査

など

※1 渡辺俊一, 大江裕一郎, 伊丹純ほか: 国立がん研究センターの肺がんの本, 小学館クリエイティブ: 16-29, 2018

※2 日本肺癌学会編: 患者さんのための肺がんガイドブック 2019年版 悪性胸膜中皮腫・胸腺腫瘍含む, 金原出版: 30, 2019

【監修】近畿大学医学部 内科学腫瘍内科部門 主任教授 中川和彦 先生

更新年月:2021年9月